閉ざされた憧れをオープンに。MMSのランボルギーニ「ウラカンRWDスパイダー」スプリングPVが公開に【動画有】

以前、関西(大阪・兵庫・京都・和歌山)限定のランボルギーニ「アヴェンタドール」オーナーのみが参加可能なツーリング企画「関西アヴェンタ会」やVITT Squaloランボルギーニのプロモーション映像が複数公開されましたが、これらの映像を担当したのがMMS-STUDIOT.COM FILMS~自動車専門の映像制作~(以下、MMS)さん。
今回、MMSさんによる春の新作ショートフィルム「Lamborghini Huracan RWD SPYDER/Open The Roof, Open Your Heart.」が公開されました。

スポンサーリンク

今回PVのモデルとなったのは、ランボルギーニのエントリー・オープンモデル「ウラカンRWD・スパイダー」で、ボディカラーはシンプルなソリッド系ホワイトカラー(Bianco Monocerus)にファブリック製ソフトトップルーフはダークローズ。
インテリアは、シンプルなレッド系のインテリア・エレガンテ・ロッソレザーとなります。

その他のオプションとしては、スポーツエキゾーストやウィンドウフレーム・ハイグロス仕上げ、ハイグロスブラック仕上げのGiano20インチ鍛造アルミホイール&レッドブレーキキャリパカバー、フロントロアバンパーがブラックペイント処理されていることからスタイルパッケージ、そしてトラベルパッケージ、ブランディングパッケージが設定されています。
※見えないオプションとしては磁気レオロジーサスペンションやダイナミック・ステアリング、パーキングセンサー・バックカメラ、盗難防止アラームも設定。

この個体を所有するオーナーさん、三重県在住&MMSさんの作品(特に関西アヴェンタ関連)のファンで、「自分もいつかはランボに乗り、PVを作りたい!」という強い想いから、約8か月という長納期の末に納車。
憧れのMMSさん協力のもと、遂にその想いが実現となります。

閉ざされていた憧れをオープンに。いま走りだします。

暴れ牛の後輪駆動(MR)モデルを操作するにはやはりオープンフィンガーグローブが必須。一気に戦闘力を強化します。

ルーフオープンでトンネル内を走りだします。
排気量5.2L V型10気筒自然吸気エンジンの強烈な咆哮を後方から感じ取る歓び。
オープンスポーツの醍醐味でもありますね。

それでは、強い想いから憧れを実現させた究極の動画を見ていきましょう。

【Lamborghini HURACÁN RWD SPYDER / Open The Roof,Open Your Heart.】

【関連記事】
【まとめ】2017年の関西アヴェンタ会を振り返る。見るものを魅了する姿を動画にて【動画有】(2017/12/26投稿)
嵐の先にある光を求め。VITT Performance Carとランボルギーニ「アヴェンタドールSV・ロードスター」のコラボPVが公開に【動画有】(2017/9/19投稿)
男らしさに秘めたる”本当の美しさ”。VITT Squaloランボルギーニのプロモーション動画が公開に【動画有】(2017/9/17投稿)
いざ出陣。関西アヴェンタ会2017のPV動画がクールすぎる件【動画有】(2017/5/24投稿)
クールな朝を迎える。全国版・関西アヴェンタ会の始まりを動画にて【動画有】(2017/7/25投稿)
こちらも見応えあり。全国版・関西アヴェンタ会開始前をショートにお届け【動画有】(2017/8/16投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう