ホイールメーカのZパフォーマンスがBMW「M4」をカスタム

オーストリアのアフターパーツメーカであるZパフォーマンスがBMWのハイパフォーマンスモデル「M4」を過激にカスタム。
中々見かけることの少ないレッドカラーの「M4」ですが、カスタムラッピングにてメタリック系のサテンレッドに身を纏い、それに加えてスポーティなフェンダーやスポイラー、そしてブーツリッド、大型リヤウィングを備えた過激な一台へと変化しています。

スポンサーリンク

そして、Zパフォーマンスの大きな特徴ともいえるスパークリングシルバーのZP6.1スーパーディープコンケーブと呼ばれるアルミホイールセットを装着。
ホイールサイズは、フロント9j×20インチ、リヤ10.5j×20インチの極太仕様。1セットの価格は約26万円からとなっています。

パワートレインについては、パフォーマンスアップグレードを設定しているかは不明ですが、排気量3.0L 直列6気筒エンジンを搭載し、最高出力431ps、最大トルク550Nmを発揮。
トランスミッションは7速DCTを搭載し、0-100km/hの加速時間は4.1秒、最高時速は250km/hにまで到達します。
なお、「M3」と共に現在開発中の次世代「M4」は、排気量3.0L 直列6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力480psにまでパワーアップすると思われ、車体重量は40kgの軽量化、さらに0-100km/hの加速時間は4.0秒未満にまで短縮すると言われています。

Reference:CARSCOOPS

関連記事:ZパフォーマンスがBMW「3シリーズ・ツーリングE91型」をカスタム。趣味性高いオシャレカスタム(2018/1/13投稿)

欧州モデルをメインに大きく活躍するアフターパーツメーカのZパフォーマンスが、BMWのE91型となる「3シリーズ・ツーリング」をカスタム。
今回Zパフォーマンスが施すカスタムは、純正サスペンションから専用スポーツサスペンションを装着することでローダウンを図り、更には20インチの大口径ホイールを装着するVIP仕様。

特に今回のホイールは、基本認証サービス・TUV認定のマルチスポークホイールを装着する硬派でありながらも、オシャレを追究したスポーツスタイルとなっています。
装着するホイールは、フロント8.5j×20インチ、リヤ10j×20インチのガンメタ仕様で、価格としては1本当たり約15万円とリーズナブルとなっています。 

今回はホイールリムをツライチにするために、専用スポーツサスペンションにて3~4センチのローダウン、更にはドア下部には特殊サイドデカールを貼付。旧モデルではありますが、レトロな雰囲気に現代のホイールデザインとの相性は抜群。

ちなみに、今回はチューニングされていませんが、マンハートレーシングのカスタムにより、直列4気筒/直列6気筒のECUセットアップ以外に、E60世代の「M5」に搭載された排気量5.0L V型10気筒自然吸気エンジンへのスワップ、最高出力560psを発揮し、0-100km/hの加速時間を4.3秒にまで短縮することが可能とのことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう