日本メーカ >スバル

スバルのプラグインハイブリッド(PHV)モデルが遂に判明。その名も「Evoltis(エヴォルティス)」

これまでハイブリッドモデルを一切販売してこなかったスバルが、今年の後半に初めてのプラグインハイブリッドモデルを導入することが判明しました。その名も「Evoltis(エヴォルティス)」。
自動車ニュースサイト”Car and Driver”の情報によると、スバルは3月26日に「Evoltis(エヴォルティス)」という名称にてアメリカ特許庁に申請済みであることが判明(但し、ハッチバックなのかSUVなのか、それともセダンなのかは一切不明)。

スポンサーリンク

スバルは、今回の新型モデルについては殆ど言及していませんが、同社最高技術責任者である日月丈志(たちもり たけし)氏より「トヨタの技術を可能な限り活用(多分「プリウスα」)するが、エンジンはトヨタ製横型エンジンではなく、スバルのボクサーエンジンを採用する」と説明。

トランスミッションについては、「プリウスα」と同様に無段変速機をそのまま採用し、8.8kWhリチウムイオンバッテリーパックと2台の電動モーターを備えたプラグインハイブリッドパワートレインを装備。
パワートレインについての詳細は不明ですが、「プリウスα」の技術をそのまま活用するということであれば、出力は121hp、電気モータのみでの航続可能距離はフル充電で40kmとなります。

なお、足回りについては、トヨタのE-Four四輪駆動システムを装備する可能性が高いとのこと。
「Evoltis(エヴォルティス)」の販売時期については言及していませんが、日月 氏によると、このモデルはいずれアメリカのコネチカット州やメイン州、マサチューセッツ州、ニューヨーク州、オレゴン州にて販売予定となっています。

Reference:CARSCOOPS

関連記事:スバルが2018年後半にPHEVモデルを導入。トヨタ「プリウスPHEV」の技術を流用へ(2018/2/8投稿)


ハイブリッドの技術において遅れを取っているスバルが、今年の後半にアメリカにて、ようやくPHEV(プラグインハイブリッド)モデルを導入する準備を進めていることが判明。
今回、スバル初となるハイブリッドモデルが登場するということで、ある意味失敗の許されない一歩であるため、資本提携を結ぶトヨタのハイブリッド技術を流用する可能性が高いと言われています。

スバルの代表取締役専務執行役員である日月丈志 氏によると「今年導入されるプラグインハイブリッドは、可能な限りトヨタの技術を活用していく」と語っているとのことですが、そうなってくるとスバルの得意とする縦置きの水平対向エンジンから、トヨタの横置きエンジンへと変更される可能性があり、これに加えて8.8kWhのリチウムイオンバッテリパックと電子制御の連続可変トランスミッションを搭載するともなれば、エンジン技術においてはトヨタの技術を本当にそのまま流用するだけとなってしまうことも十分に考えられます。

もし、水平対向エンジンに加えて電気モータを搭載するPHEVが誕生するのであれば、燃費数値の予測は難しいものの、「プリウスPHEV」同様に電気モータだけで約40kmの走行は可能になると思われます。

なお、どのモデルがPHEVモデルとして登場するかは不明ですが、一番最初に販売されるところは、アメリカ・カリフォルニア州であることが判明しており、それに次いでコネチカット州やメイン州、マサチューセッツ州、ニューヨーク州、オレゴン州に続くと言われています。

ただ、今回のプロジェクトにおいては、必要規模がかなり限られているため、開発環境は十分でないことが予想されているため、やはり上記にある通り、ハイブリッド(もしかするとエンジンも?)技術のほとんどはトヨタからのほぼ流用という考えであれば、若干面白みと期待に欠ける製品になるのではないかと考えてしまいます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-日本メーカ, >スバル
-, , , ,