ランボルギーニ博物館にて、ワイスピやトランスフォーマー等に登場したモデルが大集合【動画有】

イタリアのサンターガタ・ボロネーゼにあるランボルギーニ博物館にて、1969年から2017年に公開された映画に登場のランボルギーニたちがまとめて展示されている模様。
このイベントは2018年10月31日までの間(現地時間AM9:30~PM7:00)だけ特別に展示されるとのことで、ランボルギーニと映画の歴史を感じながら閲覧することが出来ます。

スポンサーリンク

ランボルギーニが初めて映画に登場したのは「The Italian Job」で、オレンジカラーの「ミウラP400」が映画のオープニング・シークエンスにて使用され、セント・バーナード・パスに沿ってスピードアップしていく映像となっています。

ちなみに、ランボルギーニ博物館に展示しているのはオレンジカラーの「ミウラP400SV」。
以下が「The Italian Job」のオープニングにて「ミウラP400」が登場しているシーンとなります。

【Lamborghini Miura – The Italian Job intro】

反対に一番最近映画に登場したモデルが2017年「トランスフォーマー~最後の騎士王~」の「チェンテナリオ」。

【ホットロッド、ランボルギーニ・チェンテナリオ、トランススキャン!!『トランスフォーマー/最後の騎士王』】

こちらは、2016年公開となる「ドクター・ストレンジ」。
この映画では、ランボルギーニのエントリーモデルでグリジオ・リンクス(グレーカラー)の「ウラカン・クーペ」が登場しています。

こちらが、「ドクター・ストレンジ」にて登場する「ウラカン」のシーン。

【Doctor Strange car crash scene. Doctor Strange 2016】

その他には、「ダーク・ナイト・ライジング」に登場した「アヴェンタドールLP700-4」。

こちらは1981年公開の「The Cannonball Run」に登場したグリーンの「カウンタック」


以下はグリーンカラーのモデルではありませんが、アメリカの広大なシーンに適した映像ですね。

【キャノンボール~オープニング】


こちらは、1985年に公開されたシルベスター・スタローン主演の「ロッキー4~炎の友情~」に登場する「ジャルパ」。
ちょっとマニアックなシーンではありますね。

【No Easy Way Out Rocky IV LEGENDADO】

こちらは2011年「Bar Sport」にて登場した「350GT」。

こちらは2016年のイタリア映画「Veloce come lil Vento」に登場した「ガヤルド・スーパートロフェオ」。

【veloce come il vento tributo EVO 2 TURBO 16】

ちなみに、ランボルギーニの過去ラインナップモデルは以下の記事にてまとめております。
→→→すんごい見やすい!ランボルギーニ「ミウラ」から最新「ウルス」までのデザインストーリーを僅か7分の動画にて【動画有】(2018/1/21投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう