BMW・次世代「2シリーズ・カブリオレ」が販売不振により開発中止へ

BMWの2シータオープンモデルの中でも(アメリカにて)約450万円という圧倒的にリーズナブルな価格にて購入できる「2シリーズ・カブリオレ」ですが、このモデルの次世代シリーズの開発を中止したと報じられています。
Bimmertodayの情報によれば、「2シリーズ・クーペ/カブリオレ」の昨年アメリカでの販売台数は11,737台と大きく低迷しており、今後のオープンモデルは「4シリーズ・カブリオレ/Z4ロードスター」に絞られてくるとのことで、もしかすると「2シリーズ」のオープンモデルは廃版になるのでは?とも噂されています。

スポンサーリンク

Bimmerのレポートでは、今後同車のオープンモデルは更に価格帯が高くなるとして、エントリーレベルの「430iコンバーチブル」でさえ約580万円、「Z4」は約550万円に上ると言われています。

その一方で、オープンモデル廃止の報道を受け、「2シリーズ・クーペ」は引続き販売は続けられるも、駆動方式は後輪駆動(FR)の一本化。
「2シリーズ」のグランクーペモデルやアクティブ・ツアラー、グランツアラーといった前輪駆動(FF)/四輪駆動(AWD)モデルについては明らかになっていないものの、もしかすると後輪駆動(FR)に切替えられる?との情報も。

なお、次世代「2シリーズ・クーペ」についてはほとんど知られていませんが、BMWが去年の夏モデルのマイナーチェンジを導入し、4月には「M2コンペティション」を発表していることもあり、まだまだ発表するには先が長そうです。

Reference:CARSCOOPS

関連記事:コンパクトな高級車。BMWの2018年モデル「2シリーズ」の開発車両を捕捉(2017/3/31投稿)

ドイツにて、BMWの新モデルとなるMPV「2シリーズ・アクティブツアラー」の開発車両を捕捉。
この個体は、BMW初となる前輪駆動(FF)モデルとのことで、今後国内での販売シェアを拡大していくための重要なモデルになってくるとのこと。

今回捕捉されている開発車両ですが、フロント部分は未だカモフラージュが分厚いものの、特徴的なキドニーグリルに立体的なLEDヘッドライト(デイライト)が導入されており、「コンパクトな高級車」という印象が大きいですね。

ちなみに、「2シリーズ」の左フロントフェンダーを確認してみると、充電プラグが備わっていることからプラグインハイブリッドモデルがラインナップされる可能性は非常に高そうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう