アウディ・新型「A1」のオフィシャル画像がリーク。他のモデルには無いアグレッシブスタイルに

アウディのエントリーハッチバックモデルとして、新たに登場予定の「A1」の公式画像がリークしました。
フォルクスワーゲン「ポロ」やセアト「イビザ」と同じように、3ドアボディの売れ行きが低迷する中、「A1」はその低迷を逆転する代表的なモデルとして登場することが期待されています。

スポンサーリンク

今回リークしているのは、グレーとイエローの2モデルで、アウディから見た最もアグレッシブなSラインボディキットを設定。
フロントは、クールなハニカムパターンと大型サイドインテークが特徴的で、ボンネットのすぐ下にあるギャップが、クアトロのコンセプトの1つを連想させているようにも見えますね。

フロントのLEDヘッドライトとリヤテールライトは、シームレスではなく敢えてつなぎ目を付けたユニークなデザイン。
まるで矢印を示すかのような特徴的なライトは、これまでのアウディには無い新たなトレンドデザインになるのではないかと思います(ある意味エントリーモデルの強み)。

バックエンドには、ホンダ「シビック・タイプR」のようなダミーインテークがセットされています。

こちらのイエローの40TSIモデルデザインもまた異なっており、リヤエキゾーストパイプが片側2本出しとなっていますね。
40TFSIは、排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力200hp、最大トルク320Nmを発揮。トランスミッションは6速ツインクラッチギヤボックスを搭載するとして、これにより0-100km/hの加速時間が7秒以下になるとも言われています(えっ、速くね?!)。

他のグレードとして35TFSIも登場予定ですが、このモデルについては排気量1.5Lエンジンで、最高出力150hp、最大トルク250Nmを発揮することがわかっています。

インテリアはかなり気合が入っていますね。
イエローのアクセントが加わり、予想通り「バーチャルコックピット」システムが搭載され、フォルクスワーゲン「ポロ」同様に10インチディスプレイにて構成されています。それに隣接する通気口には、ドアハンドルと同じようなデザインとなっていますね。

こちらは比較的ノーマルなホワイトシートですが、エントリーモデルとは思えぬ程の高品質デザインと言えそうです。

【関連記事】
フォードが戦闘機からインスピレーションを受けた700馬力仕様の「マスタング」を発表→チャリティーオークションへ。アウディ「A1」の更なるティーザー映像も追加【動画有】(2018/6/17投稿)
アウディ・新型「A1」の次なるティーザー映像を公開。エントリーモデルとは思えぬ卓越したホイールデザイン(2018/6/15投稿)
2019年モデル・アウディ「A1」のティーザー映像公開。巨大コックピット&MMIスクリーンを披露【動画有】(2018/6/12投稿)
アウディ・新型「A1」の開発車両を捕捉。最新LEDヘッドライト採用、フロントグリルもサイドに(2018/1/14投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう