レクサス宝塚さんにて、新型「IS300h Version L」を見てきた

20161108_1_is

先日、新型「IS200t F SPORT」試乗のため、レクサス宝塚さんを訪問したところ展示車としての新型「IS」も展示されていましたので、併せて見てきました。
※なお、新型「IS200t F SPORT」の試乗記事は以下の関連記事から。

関連記事:文句なしのカッコ良さ。レクサスの新型「IS200t F SPORT」に試乗する

スポンサーリンク

今回レクサス宝塚さんにて展示されていたのは「IS300h Version L」”レッドマイカクリスタルシャイン”となります。
レクサス車の象徴ともいえるスピンドルグリルが大きくなり、その周りはメッキに加飾されていますね。

20161108_9_is

なお、この”Version L”と”ベース”グレードは、フロントのスピンドルグリル部が写真のようになっていますが、”F SPORT”というグレードだけはグリル部がメッシュ(網目)になっています。
なお、今回のマイナーチェンジにてデザインが大きく変わった三眼LEDヘッド+ハイビーム単眼LEDですが、これはかなりカッコイイですね。

20161108_7_is

“L”ラインを意識した配置のL型三眼LEDと、その内側に配置された大型の単眼LED。
ハザードランプ&ウィンカーは、その内側の7点ライトとなります(個人的には「RC」「NX」「RX」「LX」にL型ポジションライト部にウィンカーライトを配置してほしかったですね)。

20161108_18_is

ボディカラーは”レッドマイカクリスタルシャイン”ということで、私の所有する「CT200h F SPORT」と同じボディカラーとなります。
手入れ・メンテナンスが難しいカラーではありますが、光の加減によってカラーが変わりますし、美しい色でとても気に入っています。

サイドを確認していきますと、やはりコンパクトなスポーツセダンと謳うだけあってフロントからルーフにかけてのラインが
非常にゆるやかに見えます。この辺りは30系ISとほぼほぼ同じ形状ですね。

20161108_6_is

ホイールは”Version L”専用ホイールですが、この複雑な形状は非常にウケが良いとのこと。

20161108_4_is

リアは、30系ISのテールランプが2ラインだったものから3ラインに増えました。
より複雑なデザインとなり、個人的にはリアテールランプの変化はかなりGoodだと思います。

20161108_2_is

20161108_3_is

内装は…すみません。完全に撮影をするを忘れてしまいましたが、ノーブルブラウンという、シート部がブラウンで、ステッチ側がホワイトとなっています。
ちなみにシートマテリアルはセミアニリン本革で、オーナメントパネルはレーザーカット本杢(サペリ/ブラック)となっています。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう