【公式発表】ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」がニュル市販車最速となる6分45.2秒を記録。ポルシェ「911GT2RS」を完全撃破!

ランボルギーニが市販車最速記録返り咲き

前回の記事にて、ランボルギーニの最終ハードコアモデル「アヴェンタドールSVJ」が、ニュルブルクリンクの北コース・ノルトシュライフェ(20.832km)にて、ポルシェ「911GT2RS」の市販車最速記録6分47.3秒よりも2.3秒速い6分45秒を仮マークしたことをお伝えしましたが、この度正式記録となる6分45.2秒で市販車最速記録の返り咲きとなりました。

スポンサーリンク

やっぱり「アヴェンタドールSVJ」は特別だった

今のところオンボード映像は公開されていませんが、とりあえずは速報として本記事にて残しておきたいと思います。
6分52.01秒で「ニュルブルクリンク最速」という特別なブランド力を持った「ウラカン・ペルフォルマンテ」の記録を、いとも簡単に打ち破ってしまったポルシェ「911GT2RS」ですが、まさに親玉ともいえる「アヴェンタドールSVJ」がその仇をうちとり、改めてランボルギーニがニュル最速の称号とブランド力を得たことになりました。

なお、現時点でのニュルラップレコードランキングは以下の通り。
トップ6まではランボルギーニとポルシェのみとなっていますが、こうして見ると改めてポルシェのニュルにかける想いが相当に強いことが伺えますね。

【ニュルブルクリンク・ラップレコードランキング(市販車両)】
1. ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」・・・6分45.2秒
2. ポルシェ「911GT2RS」・・・6分47.3秒
3. ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」・・・6分52.01秒
4. ポルシェ「918スパイダー」・・・6分56.08秒
5. ポルシェ「911GT3RS」・・・6分56.4秒
6. ランボルギーニ「アヴェンタドールSV」・・・6分59.73秒
↓↓↓レーシングモデルの周回記録↓↓↓
(番外1). ポルシェ「919ハイブリッドEvo」・・・5分19.55秒
(番外2). ポルシェ「956C」・・・6分11.13秒

☆★☆「アヴェンタドールSVJ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

遂にポルシェ「911GT2RS」を超えた?!ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」がニュルでの市販車最速記録6分45秒をマーク(2018/7/7投稿)
ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」がニュルをテスト走行。6分40秒台走行も可能?【動画有】(2018/6/30投稿)
”世界に一台だけ”のランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」が日本に到着。「アヴェンタドールSVJ」のリヤデザインも公開?(2018/5/8投稿)
まさかのロールケージ?!ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」の内装を遂にキャッチ。(2018/4/19投稿)
ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」の購入条件が明らかに?ALAシステムも搭載?(2018/3/13投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう