ブガッティ最強の限定モデル「シロン・ディーヴォ」が8月24日に世界デビュー。限定40台のみ、価格はやはり約6.4億円だ!

ブガッティ究極の限定モデルのデビューが決定

先日、突如として発表されたブガッティ最強のハードコアモデル「シロン・ディーヴォ」ですが、この個体が来月8月24日に開催するアメリカ・カリフォルニアのThe Quail A Motorsports Gatheringにて世界デビューすることが明らかとなりました。

スポンサーリンク

そもそも”ディーヴォ”の由来って何

この限定モデルに命名される”ディーヴォ”とは、1920年代後半にブガッティのレーシングモデルにてTarga Florioレースを2回優勝したフランスのレーシングドライバであるアルバート・ディーヴォ氏の名を冠したものになるということで、ブガッティがこれまで命名してきた「ヴェイロン/シロン」同様に、希少な限定モデルに関してもレーシングドライバの名前を採用してくる辺り、かなり気合が入っていることがわかりますね。

ディーヴォは、従来の「シロン」と何が違うの?

ブガッティCEOであるステファン・ヴィンケルマン氏は、「従来のシロンに比べてパフォーマンスを重視しているため、軽快に走れることやコーナーでのスピーディな走り、そして世界中にスリルを与えることを望んでいる」と説明していて、これまで直線番長といわれてきたブガッティが、遂にコーナリングにおいてもトップレベルのパフォーマンスを発揮できる一台になるのかもしれません。

加えてパフォーマンスという単語の中には、軽量且つ敏捷性が高く、より高いダウンフォースとGフォースを持つことも含まれているため、もはやレーシング仕様に近いデザイン言語の強調(ヴィジョン・グランツーリスモも含んでる?)と機能性を持つ一台になるかも?との期待が寄せられています。

ちなみに、生産台数は僅か40台と非常に少なく、車両本体価格も約6.4億円と、「シロン・スポーツ」の約3.4億円よりも2倍近い価格帯にまで跳ね上がることから、車体重量の大幅な軽量化はもちろんのこと、パワーチューニングも施されるのではないかと考えられています。

☆★☆「シロン」限定関連記事5選はコチラ!☆★☆

ブガッティ「シロン」のハードコアモデル”Divo(ディーヴォ)”がいきなり登場。世界限定100台以下、価格は6.4億円?!(2018/7/5投稿)
ブガッティ「シロン・スポーツ」?謎の開発車両がニュルにてテスト走行を実施【動画有】(2018/6/23投稿)
ブガッティの最新モデル「シロン・スポーツ」が遂に公開。性能変わらず、操作性が大幅に向上(2018/3/6投稿)
【価格不明】パルミジャーニがブガッティ「シロン・スポーツ」よりインスパイアされた腕時計を発売(2018/3/26投稿)
ブガッティCEOが衝撃発言「最高時速が優先事項ではない」→何を目指すの?(2018/4/1投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう