見た目「コルベット」&エンジン「フォードGT」のノーブル・新型「M500」がグッドウッドにてデビュー

全く予想していなかったノーブルが新たな下位グレードモデルを発表

7月12日より開催中のイギリス・グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2018にて、同国ノーブル・オートモーティブが新たなスポーツエントリーモデルとなる「M500」が世界初公開しました。
今回公開されている「M500」は、2010年にノーブルが発表した「M600」よりも下位グレードに位置し、手軽なモデルとのことからイギリスでの価格帯としては約4,370万円からとなっています。

スポンサーリンク

見た目「コルベット」&エンジンは「フォードGT」→アメ車?

外観としては、シボレーの現行モデルとなる「コルベットC7」に近いフロントデザインを持ちますが、「コルベット」らしいロングノーズタイプではなく、非常にコンパクトで滑らかな2ドアクーペといった印象を持ちますね。
外観はほぼほぼ完成形にあるかと思いますが、今回公開されているモデルはあくまでもプロトタイプモデルで、自走することは不可、インテリアもまだまだ未完成状態となっています(ノーブルによれば、現在は初期の開発段階)。

自走不可&インテリア未完ではありますが、このこの個体に搭載されるエンジンは、現行モデルの「フォードGT」と全く同じとなる排気量3.5L V型6気筒エコブーストエンジンを搭載し、最高出力は約550psを発揮し、トランスミッションはデュアルクラッチトランスミッションをリヤアクスル(後輪駆動)に介するといわれています(イギリスモデルなのに、見た目・エンジンだけを見ると完全にアメ車)。
なお、この個体については特にノーブル社からも言及されていませんが、計画では2019年中には組立てが行えるようなレベルにまで仕上げていくとのことです。

☆★☆ノーブル関連記事2選出はコチラ!☆★☆

南アフリカにて、希少なノーブル「M400」がクラッシュ。リヤバンパーがごっそり外れる(2017/5/16投稿)
ドイツにて、希少なノーブル「M600」がフォルクスワーゲン「パサート」とクラッシュ(2017/2/11投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう