ヘネシーパフォーマンスチューンのフォード「マスタング・ヘリテージエディション」が登場。限定僅か19台、800馬力超えの過激マッスルカー

GTヘリテージ・エディションがモチーフの限定「マスタング」

アメリカ・テキサス州のチューナー・ヘネシーパフォーマンスが、フォード「マスタング」をベースにしつつ「GTヘリテージ・エディション」からインスピレーションを受けた特別チューニングモデル「マスタング・ヘリテージ・エディション」が世界初公開されました。

スポンサーリンク

パワーは800馬力超えの超絶マッスルカー

今回ヘネシーが発表した個体は、ベースとなる「GTヘリテージ・エディション」の最高出力650hpを大幅に超える808hpを発生するようにアップグレードされ、更に最大トルクは918Nmまで発揮するハイパフォーマンスな一台となっています(「チャレンジャーSRTデーモン」に匹敵する?)。

搭載エンジンは、排気量5.0L V型8気筒エンジンと従来通りで、アンプアップされたことによりパフォーマンス性として0-100km/hの加速時間が3.3秒、最高時速は322km/h以上となります。

製造される台数としては、「GTヘリテージ・エディション」が限定20台だったのですが、今回のモデルは更に1台少ない19台になるとのこと(あくまでも希少性を持たせるために台数を1台減らしたと言われている)。

その他については、カスタムインタークーラーやスポーツサスペンション、20インチアルミホイール、ミシュラン製パイロットスポーツカップ2タイヤを装着し、ハードな走りと足回りの強化が施されていますね。

更にヘネシーは、カーボンファイバボディパーツやステンレススチールエキゾーストシステムのインストール、ブレンボ製ブレーキによる制動力の強化を行い、3年間36,000マイル(57,936km)の保証提供するために、200マイル(322km)の納車前テスト走行が行われます。

なお、このカスタムチューニングが施された「マスタング・ヘリテージエディション」の車両本体価格は約990万円とスーパースポーツモデルの中でも圧倒的にコスパの高い一台となっています。

☆★☆「マスタング」関連記事5選はコチラ☆★☆

50年ぶりに復活したフォード「マスタング・ブリット」がオーストラリアにて販売スタート。限定700台、価格は約810万円から(2018/6/27投稿)
チューナー・Roushが過激な「ジャックハマー・マスタング」を販売。限定200台のみ、710馬力を発生(2018/5/4投稿)
戦闘機モチーフのフォード「マスタング」がグッドウッドにて登場。まさかの過激オバフェン仕様だった件(2018/7/14投稿)
アメリカチューナーが初代・フォード「マスタング」を鬼カスタム。V8スーチャー&ハイブリッド搭載で1,000馬力発生、但しカスタム費用は・・・?(2018/5/9投稿)
遂にここまで来たか。フォード「マスタングGT」がレクサス「LFA」と同レベルの加速力を発揮(2018/1/10投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう