5億円以上は確実か?フェラーリ最強のレーシングモデル「FXX K Evo」が早くも販売中

早くも「FXX K Evo」が販売中

フェラーリが選んだ最重要顧客のみに販売される、究極のトラックモデル「FXX K Evo」が、早くも中古車市場にて販売中とのこと。
ベースとなったフェラーリ「FXX K」は、同社が世界限定499台+1台のみ販売したハイブリッドモデル「ラ・フェラーリ」を購入したオーナーの中で、更に限られた40人のオーナーのみに購入することが許される一台。

スポンサーリンク

「FXX K Evo」は世界のほんの一握りのオーナーだけが所有できる

「FXX K Evo」は、更にアップグレードが施されたモデルとなり、その価格は優に2億円を超えると言われていますが、今回中古車ディーラにて取扱われているナイト・インターナショナルの個体は、ボディカラーはホワイトをベースに、約1,200km走行済みでありながらも、新車販売価格よりも更に高額ともいえる約5.6億円から販売されています。

「FXX K Evo」は、「FXX K」のハードコアモデルで、パワートレインは「FXX K」と同じとなる排気量6.3L V型12気筒自然吸気エンジン+電気モータを搭載したハイブリッドモデル。
最高出力はエンジン860ps+電気モータ190psを足し合わせた1,050ps、最大トルクは900Nmを発揮します。

前モデルとなる「FXX K」との大きな違いは「空力性能」にあり、その性能はハイパフォーマンスモデルの「FXX K」比の+23%、公道仕様モデルとなる「ラ・フェラーリ」比の+75%(?!)、更にはフェラーリのGTレーシングモデルと同等レベルという、とんでもないダウンフォースを発生。
これを速度で表すと、200km/hにて走行した際のダウンフォースが約640kg、最高速度では830kgを超えることになります。

機能性においては、アクティブリヤスポイラーと連携して動作すように設計されたツインプロファイルの固定式リヤウィングを採用し、サイドフィンとウィングのセンターフィンが設定。
また、リヤホイールアーチの通気口は、「FXX K」よりも大きいと言われています。
足回りのサスペンションについては、付加的なダウンフォースに対処するために校正されています。

☆★☆「FXX K Evo」関連記事5選はコチラ!☆★☆

投機目的?フェラーリ・レーシングモデル「FXX K」→「FXX K Evo」にアップグレードしたモデルが販売中(2018/6/4投稿)
フェラーリ究極のレーシングモデル「FXX K Evo」がスパを走る。そのサウンドは「488ピスタ」を凌駕【動画有】(2018/5/15投稿)
フェラーリ最強の「FXX K Evo」がイギリスのオートスポーツインターナショナルにてデビュー。改めてスペック等も再確認だ(2017/11/29投稿)
フェラーリ「FXX K Evo」の展示車両を動画にて。ステアリングも併せて公開【動画有】(217/10/31投稿)
フェラーリ「FXX K Evo」が遂に公開。「FXX K」比23%、「ラ・フェラーリ」比75%のダウンフォースを発生(2017/10/31投稿)

Reference:TheSupercarBlog.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう