「マクラーレン・セナ」のリヤマフラは2種類存在。ナゼ3本だしと2本だしに分けられるのか?

「マクラーレン・セナ」には、2種類のマフラが存在

マクラーレンの最新アルティメットシリーズ「マクラーレン・セナ」。
先代「P1」とは異なる排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンのノンハイブリッドモデルで、最高出力800ps/最大トルク800Nmを発揮する究極モデルとなります。
そんな「マクラーレン・セナ」には、2つの異なるエキゾーストレイアウトがラインナップされています。

スポンサーリンク

その理由には騒音規制が絡んでいる

I still see a lot of questions/confusion on this topic, so let’s talk briefly here about #McLarenSenna exhausts. 🚕💨 . Of course this is a US car but what you see here on chassis #003 should not really be referred to as the “US-spec exhaust”. Rather this is the “non-EU spec” setup as Senna’s in many markets besides the US will have this two-pipe system. A few Senna’s already delivered in the Middle East do, and I believe very soon we will see it on Senna’s arriving in Asia too. 🌎 . In the countries which have to conform to European Union Type Approval standards for automobiles (including the UK, for now) there are ever increasing rules to limit noise from exhaust. It seems these rules came into play around 2011 and new vehicles sold in the EU will continue getting ever quieter moving into the future. 🙊 McLaren chose to conform to this on the Senna by creating a unique exhaust setup with three outlets. It uses a set of baffles to block the upper two pipes at lower engine speeds and cause exhaust to exit only through the third pipe. That route includes an additional muffler which then reduces noise to acceptable levels. At higher speeds the baffles inside switch over and exhaust is routed through the two upper pipes, closing off the lower pipe. 👍🏻 . For the rest of us McLaren chose to improve performance by designing a system that loses the added complexity and additional weight, and just go with two pipes. I know some people prefer the look of the three pipes partially because that’s the first style you saw in press photos. I’ll also agree the three pipes do fill in the opening a bit better. However, on a car like this you should probably care about more than just visual appeal, right? 😉 . So that’s the story – a rare case where something that might appear to be a negative on a car isn’t actually a bad thing, nor is it the fault of US regulations. Hopefully you have been enlightened. Tag your friends who are still confused and help educate them too. 📙 . #McLaren #exhaust #hypercar #supercar #stunning #awesome #incredible #instacar #instagood #carsofIG #blacklist #speedlist #gtspirit #lovecars #picoftheday

Erik – ❤️’s 🚙💨 🏁 🚲 ✈️ 🚀 📷さん(@peloton25)がシェアした投稿 –

上に添付されているMcLaren-mad Instagrammerである”Peloton25”の情報によると、その理由は非常に単純で、6月より改訂された自動車型式認証制度(現在はイギリスも含む)に適合するため。

エキゾーストサウンドの騒音を制限する規制がより一層厳しくなっていくといわれているなかで、ノンハイブリッドモデルの「マクラーレン・セナ」の3本だしモデルには、サイレンサを設けることでエンジン始動時や低速域・低速走行時には3本目のテールパイプを活用することでノイズを許容レベルまで低減しサウンドを分散させることが可能となります。
そして、高速走行時には、バッフル及びエキゾーストは上2本のパイプを通って送られ、下部のパイプは完全に閉鎖されるとのこと。
こういった3本出しモデルは「EU仕様」と呼ばれているみたいですね。

一方で、アメリカ等にて納車される2本だしエキゾーストパイプに関しては、3本だしに比べてどの程度デシベル値が異なるのかは不明ながらも、「非EU仕様」と謳われるだけあってバルブコントロールも無し。
低速域であろうと高速域であろうとノイズコントロールは行われず爆音全開で走行が可能となっています。

☆★☆「マクラーレン・セナ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

世界で一番最初に納車されたグリーンカーボンの「マクラーレン・セナ」。特殊なグリーンカーボンのオプション費用は車両価格の2分の1だった件(2018/8/13投稿)
中東オーナーに「マクラーレン・セナ」納車。これ以外にもシャシーNo.1の「アゲーラRS」等を所有する大富豪(2018/8/10投稿)
シャシーNo.001の「マクラーレン・セナ」が納車。現在5台のセナで1,400kmの旅に挑戦中(2018/7/28投稿)
全て手作業&完全オーダーメイドの極上品。縮小モデルの「マクラーレン・セナ」が約88万円にて販売中(2018/7/20投稿)
世界で一番最初に納車された「マクラーレン・セナ」が遂に公開。グリーンカーボンボディ、オーナーはマイケル・フックス氏【動画有】(2018/7/19投稿)

Reference:Zero2Turbo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう