トヨタが「カローラ」を世界統一車名に変更。「オーリス」が欧州にて廃版へ

「カローラ」欧州にて完全廃版へ

トヨタは、今年開催したスイス・ジュネーブモーターショー2018にて、「オーリス」に置き換わる最新モデル「カローラ・スポーツ」を発表しましたが、これに加えて2019年初めに欧州にて販売される「オーリス」を完全廃版とし、全世界統一で「カローラ」へと変更すると発表しました。

スポンサーリンク

「カローラ」の歴史を現代に刻み込むことはトヨタの宿命

今回トヨタが「カローラ」へと変更した理由としては、同社が採用していた3つの異なるアーキテクチャを、全て共通のTNGAプラットフォームに置き換えたことと、世界でこれまで販売され、1966年に導入されて以来、4,500万台以上を販売し圧倒的な売れ行きを見せたモデルの名前が「カローラ」であったことから、この名前を引継いでいくことを決定したとのこと。

今回のことについて、欧州トヨタCEOであるJohan Van Zyl氏は、「TNGAのエンジニアリングとデザインディレクターは、次世代Cセグメントモデルに全く新しい次元をもたらした。私たちのCセグメントのハッチバックモデルとワゴンモデルにはカローラの名前を再導入する」と改めて説明。

トヨタは、今回の名称変更を発表する他に、今年10月に開催のパリモーターショー2018にて、「カローラ・ツーリング・スポーツ」をデビューすることを明らかにしています。
このモデルは、今月初めに開発車両がキャッチされており、5ドアハッチバックをベースとしながらも、更なるサイズアップが予想されると同時に、ハイブリッド型モデルのラインナップも計画されているとのこと。

なお、ツーリング・スポーツ以外にも、セダンも登場する可能性があるとして、これらのモデルには排気量1.2L 直列4気筒ターボエンジンと排気量1.8L 直列4気筒ガソリンエンジン+電気モータのエントリーハイブリッド、そして排気量2.0L 直列4気筒ガソリンエンジン+電気モータの上位ハイブリッドがラインナップされる予定となっています。

☆★☆「カローラ」関連記事3選はコチラ!☆★☆

トヨタ「カローラ・スポーツ」にツーリングワゴン?早くも開発車両をキャッチ、ワールドプレミアはパリモーターショーにて(2018/8/4投稿)
トヨタ・新型「カローラ・スポーツ」に試乗。見た目じゃなく、運転して”一目惚れする”スポーツハッチバックかも(2018/7/4投稿)
トヨタ・新型「カローラ・スポーツ」見積もりしてみた。グレードはハイブリッド上位のG”Z”、オプション多数で総支払は3,654,808円(2018/7/7投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう