BMW「iNEXT」の公式画像が公開。超大型キドニーグリル&切れ味鋭いヘッドライト&サイドミラーレスでダイナミック且つスタイリッシュに

何とも個性的な「iNEXT」が登場

BMWが2021年に生産モデルとして販売予定の近未来型EVクロスオーバー「iNEXT」の公式画像が世界初公開されました。

今回公開されている公式画像では、ダミーデザインのメッシュインサートを含む超大型キドニーグリルが何とも印象的で、フロントヘッドライトは非常に切れ長で鋭く、フロントエンドのアンダー部には空気を取り込むためのグリルが設けられています。
また、ところどころでボディを引き締めるために、プラスチックのボディクラッディングを模倣するグロスブラックアクセントが設けられ、高級感も演出されていることが確認できます。

スポンサーリンク

サイズ感としては「X5」に近いミドルサイズSUV

サイドデザインはこんな感じ。
トップルーフからリヤエンドに向けてフラットなラインを描いていることから、クーペタイプではなく室内空間を確保するために改良されたラグジュアリーSUV風で、「X5」に近いスタイリングを持っていたり…。

正面から見るとわかりやすいかと思いますが、市販車両として世界初のミラーレスを採用したレクサス「ES」や、今後ミラーレスを採用していくアウディ「e-tron」同様に、BMW「iNEXT」も導入していることがわかりますが、前記2車とは異なり、サイドミラーに搭載されるステーの部分が完全に排除され、ボディにほぼ埋め込むようなデザインを採用しています。

なお、Bピラーは非常に細く、室内へのアクセスを容易にしています。
足元においても、フロントオーバーハングは非常に短めで、リヤオーバーハングは長め、ホイールベースも長く非常にスポーティな印象を受けます。

リヤデザインはとにかくシンプル

リヤは何とも簡易的と言いますか…リヤテールランプは非常に細いセンターストリップ風。
無駄なハウジングを一切採用しないシンプルなデザインですが、インパクトはかなりデカイですね。
リヤディフューザーは外付け感が結構ありますが、グロスブラックに仕上げることで、高級感が演出されています(おまけにブルーのアクセントカラーが設けられることでエコカーを強調)。

ルーフはパノラマ式を採用していますが、ルーフがオープンしたりスライドしたりといったことは無さそうです。

インテリアはかな~りシンプル。
物理的なスイッチは全く無く、ほぼタッチパネルで解決できますね。
ステアリングホイールはフラットボトムでいかにもレーシングカー仕様、おまけにセンタースクリーンはこれまでにない程のワイドなインフォテイメントシステムを採用し、更にメタルフレームを採用することで高級感を加味することに成功しています。

インテリアのインストールパネルには、ウッド系と大理石の2種類が準備されていますが、恐らくこのオプションだけでも相当な価格になると思われます。

パワートレインについては、容量60kWh→120kWhにまでパワーアップしたモジュラーバッテリパックを搭載し、航続可能距離はフル充電にて700km走行可能となります。
なお、ハイテク技術としては、高度な半自律駆動システムも搭載される予定で、様々な状況に応じて、最適な走りを提供するレベル4が取得されています。

☆★☆「iNEXT」関連記事2選はコチラ!☆★☆

何かと噂のBMW「iNEXT」。EVクロスオーバー&10月のパリモーターショーにて出展予定(2018/6/4投稿)
BMW「iNextコンセプト」のティーザー画像が公開。デビューは今年後半予定(2018/5/17投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう