コレ凄くイイ!クールレーシングがワイド&スタイリッシュなスズキ「スウィフト・スポーツ」専用ボディキットを公開

何とも過激な「スウィフト・スポーツ」が登場

日産「GT-R」やトヨタ「86」といった国産スポーツモデル等を手掛けるチューナーのクール・レーシング(Kuhl Racing)が、スズキのコンパクトスポーツハッチバック「スウィフト・スポーツ」専用ボディキットを公開。
クール・レーシングは、以前にも「スウィフト・スポーツ」のボディキットを公開していましたが、今回はより一層の鋭さを持たせ、キャンバー角は敢えて設けずに可能な限りワイド&ローダウンにカスタマイズしていることが確認できます。

今回公開されている「スウィフト・スポーツ」には、自然吸気からの置き換えとなる排気量1.4L直噴ターボエンジン(最高出力140hp)が搭載され、コンパクトホットハッチならではの力強い走りを提供しています。

スポンサーリンク

いかにもカスタムとわかるヤンチャ仕様

外観においては、日産「GT-R」を意識したかのようなVモーション風グリルを採用し、フロントヘッドライトには鋭さを際立たせるために(ちょっと眠そう?)、ボディカラーと同色のまぶた風カバートリムが設けられ、フロントアンダーには同色とブラックのツートンタイプとなるスプリッター、そしてインテーク周りにもオリジナルパーツが装着されていますね。

サイドから見てみるとこんな感じ。
確かに車高はローダウンしサイドスカートは設けているものの、クリアランスに余裕があるためかまだまだカスタムし甲斐のあるスタイリング。
個人的には、フロントとリヤでフェンダーアーチモールによるタイヤの被さり方が若干異なっているところが気になる点ではありますね(目の錯覚かも?)。

リヤデザインはこんな感じ。
マフラ一体型となるリヤディフューザーはカーボンファイバ風に引き締められ、その更に下部には同色素地のリヤエプロンを装着。
丸っこくも柔らかい印象を与える「スウィフト」ですが、こうしたエアロキットを設けることで、攻撃的で角を付けたようなアグレッシブさが何とも魅力的ですね。

☆★☆クール・レーシング関連記事2選はコチラ!☆★☆

日産「GT-R」を意識?クール・レーシングがスズキ「スウィフト・スポーツ」を過激カスタム(2018/5/15投稿)
攻めてるなぁ。クール・レーシングがトヨタ「CH-R」を過激カスタム(2017/7/11投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう