ブラックを強調する暗黒の一台。アルファロメオ「ジュリア/ステルヴィオ/ジュリエッタ」にイギリス市場限定モデル”ネロ・エディジオーネ”が登場

イギリス限定モデル”ネロ・エディジオーネ”が登場

アルファロメオは、主力ラインナップとなる「ジュリア/ステルヴィオ/ジュリエッタ」を用いたイギリス市場限定モデル”ネロ・エディジオーネ(Nero Edizione)”を発表しました。
今回発表された特別限定モデルは、各種モデルのV字型・盾形フロントグリルやミラーキャップ、リヤバッジ等の多くのパーツにダークグロスブラック処理を施した、まさに”ブラック=Nero”尽くしの一台となります。

スポンサーリンク

細部に至るまでダーク&ブラックを採用

「ジュリア/ステルヴィオ」に採用された特別モデルは、中間グレードの”スーパー”をベースに、グロス仕上げのブラックウィンドウフレームやヘッドライト・ウォッシャー、ダーク仕上げの合金使用となるアダプティブ・バイキセノンヘッドライトを追加。

加えて標準キットには、アダプティブクルーズコントロールやAndroidオートアンドApple CarPlay、アルミキックプレート、スポーツペダル、アルファロメオのコネクトサービスを搭載した大型8.8インチインフォテイメントシステムを装備します。

気になる価格帯についてですが、「ジュリア”ネロ・エディジオーネ”」は、排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジン(最高出力200hp)を搭載し、価格にして約518万円、「ステルヴィオ”ネロ・エディジオーネ”」は排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジン(最高出力200hp)もしくは、排気量2.2L 直列4気筒ディーゼルエンジン(最高出力190p)から選択が可能で、価格はそれぞれ約593万円、約611万円となります。

「ジュリエッタ」も更にダークな仕上がりに

一方の「ジュリエッタ”ネロ・エディジオーネ”」については、フロントの盾形グリルやミラーキャップ、ドアハンドル、フォグライトベゼル、エキゾーストパイプ、リヤバッジにダークグロス仕上げを施しています。
その他にも、リヤウィンドウやサイドスカート、リヤバンパー、18インチアルミホイールもダークグロス仕上げが施されています。

インテリアについては、Apple CarPlayとAndroid Auto、リヤビューカメラ、コネクテッド・サービスを搭載したアルファロメオのコネクト 7インチインフォテイメントシステムを標準装備します。
なお、価格帯については、排気量1.4L 直列4気筒エンジン(最高出力120hp)と排気量1.6L 直列4気筒ディーゼルエンジン(最高出力120hp)の2種類から選択可能で、それぞれ約344万円、約366万円からの販売からとなります。

☆★☆アルファロメオ関連記事5選はコチラ!☆★☆

ブラックとレッドのアクセントが決め手。アルファロメオ「ミト/ジュリエッタ」に各モデル限定200台の”ヴェローチェS”が登場(2018/5/9投稿)
それぞれ限定108台のみ。アルファロメオが特別限定モデル「4C」”コンペティツィオーネ”と”イタリアスペシャル・エディション”を発表(2018/3/1投稿)
アルファロメオ初のSUV「ステルヴィオ」が遂に日本でも発売スタート。初回400台はファーストエディションも登場(2018/6/26投稿)
これで出たら売れる?!イタリアのコーチビルダーがアルファロメオ・次期「4C」のレンダリングを公開(2018/6/5投稿)
アルファロメオが、ニュル最速記念モデル「ジュリア/ステルヴィオ・ニュルブルクリンク・エディション」を公開(2018/3/2投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう