リークしたトヨタ・新型「スープラ」のパーツCGを組合わせた完成CGが遂に公開。これは間違いなくカッコいいぞ!

これが量産タイプの新型「スープラ」だ!

先日、トヨタの新型「スープラ」に関する量産パーツリストが完全リークしていましたが、今度は、それらのリークしたパーツを組合せた最終完成形をイメージしたCG画像が公開されています。
今回この画像を作成したのは、SupraMKVフォーラムで、新型「スープラ」のパーツリストを忠実に組合わせ、ボディカラーも国産車両のトレンドカラーを用いてスポーティに仕上げていますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

完成系のデザインはかなり印象的で、スポーティな仕上がりなのはもちろんのこと、これまでトヨタが作り上げてきたモデルの中でも圧倒的にカッコ良く仕上がってると思われます。
量産モデルの正式公開は、2019年1月のデトロイトモーターショー2019にて確定していますが、間違いなくそれまでには正式な量産モデルのCG画像がリークするでしょうね。

スポンサーリンク

インテリアも「Z4」とは大きく異なることに

こちらはインテリアのパーツを全て組合わせた「スープラ」の室内。
ダッシュボードにはかなりミニマルなアプローチを採用しているようにも見え、「Z4」のような大型インフォテイメントディスプレイを搭載していないのが気になるところ。

これまで、共同開発を進めてきたBMW「Z4」のインテリアとほぼカブってるんじゃね?といわれてきましたが、こうした完成系を見てみると、全くそのデザインが異なることがわかりますね。

ちなみにこちらが新型「Z4」のインテリアデザイン。
ドライバ側のデジタルゲージクラスターディスプレイは、若干似ている部分はありますが、実用性や豪華さで言えば「Z4」の方が上かもしれません。

グレードは3種類がラインナップされるぞ!

これは以前の記事でもご紹介しましたが、新型「スープラ」は3つの異なるパワートレイン”スープラ20i/スープラ30i/スープラ40i”とBMWと同じグレード順に区分されることがわかっています。
特にエントリーグレードの”スープラ20i”は、共同開発にて進められているBMWから供給される”B48D”と呼ばれるエンジンが装備され(”スープラ30i=B46D”/”スープラ40i=B58C”)、ステアリング配置も左右の何れかにて選択することが可能となっています。

エンジンの詳細については限られていますが、エントリーモデルの”スープラ20i”に搭載される”B48D”は、排気量2.0L 直列4気筒エンジン(最高出力262hp)が考えられ、中間グレードの”スープラ30i”に搭載される”B46D”は欧州とアメリカにて販売、そして最後の最上位グレードとなり”スープラ40i”は、”B58C”と呼ばれる排気量3.0L 直列6気筒エンジンが搭載されます。

☆★☆新型「スープラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

トヨタ・新型「スープラ」が1月にデトロイトモーターショー2019にて正式公開。既に事前予約も受付済み【動画有】(2018/10/2投稿)
あなたはどの色が好み?ほぼ市販化レベルとなるクールなトヨタ「スープラ」の完成イメージ・レンダリングが公開(2018/9/26投稿)
トヨタ幹部「新型スープラにはマニュアル(MT)の可能性がある。もしかしたらロードスターも…」→当初と言ってることがめちゃくちゃに(2018/9/24投稿)
トヨタ・新型「スープラ」のこぼれ話。当初はミドシップエンジンで検討し豊田社長に提案するも即ボツに(2018/9/22投稿)
「スープラ/Z4」を共同開発するトヨタとBMW。2014年以降全く交流・コミュニケーションをとっていないことが判明(2018/9/22投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう