スズキ「スイフト」に特別仕様車”XRリミテッド”が登場。現行モデルとしては初のツートンカラーを採用して価格は約150万円から

「スイフト」に特別仕様車が登場

スズキのコンパクトハッチバックモデル「スイフト(Swift)」より、同車ベーシックグレードとなる”XR”をベースとした特別仕様車「スイフトXRリミテッド」が販売スタートしました。

既に大きな人気を博している「スイフト」ですが、今回の特別仕様車には、専用のエアロパーツが装備され、スポーティな外観に加えてボディカラーも”クラレットレッドメタリック”と”ミネラルグレーメタリック”を新しくラインナップし、更には現行モデルとしては初のブラックルーフを取り入れたツートンカラーを採用しました。

スポンサーリンク

ツートン以外にも何が特別なの?

こちらが「スイフトXRリミテッド」に装着されるエアロパーツ。
フロントスプリッターのような凹凸のあるパーツはもちろんのこと、ダークローズに近いボディカラーとブラックパーツとのメリハリをつけた組合わせによって立体感が現れ、ベーシックモデルとは思えぬほどのスポーティ感を演出していますね。
個人的にちょっと残念に感じるのは、フロントヘッドライトがまさかのハロゲンということで、この辺りは標準にてLEDヘッドライトを採用してほしかったところです。

インテリアにおいては、特別仕様車専用のチタン調加飾を加味し、更にはシルバーステッチを施すことで落ち着いた雰囲気を提供(速度メータや加速度メータがスポーティレッドへと変化しているので、隠れた熱を呼び起こしそう)。

安全装備も充実。気になる価格は?

なお、安全装備については、デュアルセンサーブレーキサポートをはじめとする予防安全技術のスズキ・セーフティ・サポートや、SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグも標準装備。
更には、駐車するときには非常に便利なアラウンドビューモニタ用カメラパッケージも有償オプションにて準備されています。
そして、この個体には、予防安全装備が充実していることから、経済産業省や国土交通省が推奨するセーフティ・サポートカーのサポカーSワイドの該当車種にもなっているとのことです。

「スイフトXRリミテッド」のパワートレインについては、排気量1.2L 吸排気VVTエンジンを搭載。
駆動方式は前輪駆動(FF)/四輪駆動(AWD)、トランスミッションは5速MT/CVTのいずれかから選択が可能となっています(但し5速MTはFFのみ)。
気になる価格帯としては、1,503,360~1,658,880円にて販売されています。

☆★☆「スイフト」関連記事5選はコチラ!☆★☆

コレ凄くイイ!クールレーシングがワイド&スタイリッシュなスズキ「スウィフト・スポーツ」専用ボディキットを公開(2018/9/21投稿)
【レンダリング】これ出したら売れるんじゃね?BMW「Z4 M40i」とスズキ「スウィフト・スポーツ」を合体したら?(2018/9/3投稿)
イギリスにて、スズキ・新型「スウィフト・スポーツ」が販売開始。期間限定で約22.5万円割引とな?!(2018/5/18投稿)
日産「GT-R」を意識?クール・レーシングがスズキ「スウィフト・スポーツ」を過激カスタム(2018/5/15投稿)
スズキ・新型「スウィフト・スポーツ」は高価?カーボン風エアロを装着しての価値はある?(2018/5/4投稿)

Reference:autoc-one.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう