三菱・新型「デリカD:5」追加情報&こぼれ話。インテリア情報やエンジンスペック等も公開【動画有】

2018-11-09

まだまだ続く新型「デリカD:5」情報

さて、先日は三菱・新型「デリカD:5」の外観やインテリアが一挙に公開されましたが、今回は新たにディーラにて得られた情報(セールスさんの試乗インプレも含めて)、そして新たに目撃されている開発車両とも絡めてご紹介していきたいと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

新型「デリカD:5」のホイールサイズはどうなる?

まず、今回目撃されている開発車両ですが、ホイールデザインからして標準モデル(もう一方はエアロボディ仕様のURBAN GEAR)の18インチであることがわかります。
ちなみに、新型「デリカD:5」では以下の通り、グレードと価格帯にてラインナップしていて、グレード”M”のタイヤホイールは215/70R16(16インチホイール)それ以外のグレード(URBAN GEAR含む)は全て225/55 R18(18インチホイール)となっています。

【新型「デリカD:5」:暫定価格一覧(税抜)】
グレード”M”:3,842,640円(3,558,000円)/型式[3DA-CV1W LUSFZ]
グレード”G”:3,942,000円(3,650,000円)/型式[3DA-CV1W LUDFZ]
グレード”G-PowerPackage”:4,082,400円(3,780,000円)/型式[3DA-CV1W LUHFZ]
グレード”P”:4,216,320円(3,904,000円)/型式[3DA-CV1W LUXFZ]
グレード”URBAN GEAR G”:4,067,280円(3,766,000円)/型式[3DA-CV1W LUPFZ]
グレード”URBAN GEAR G-PowerPackage”:4,207,680円(3,896,000円)/型式[3DA-CV1W LUFFZ]

 

リヤテールランプは現行「プリウス」のような稲妻に

リヤデザインはこんな感じですね。
ちょっとわかりにくいかもしれませんが、リヤテールランプはかなり独特なデザインになっています。

線で表現するとこんな感じ。
トヨタの現行「プリウス」のような縦型稲妻のようなリヤテールランプとなりますね。

”S-AWC”は不採用

そして、駆動方式については新型「デリカD:5」では、「エクリプス・クロス」の”S-AWC(Super All Wheel Control)”が搭載される?との噂がありましたが、これは搭載されずパートタイム4WD(用途に応じて駆動方式を”AWD/FF”を手動にて切替え可能)をグレードアップさせたものが採用されるとのこと。

インテリアデザインはどうなる?

そして、今回の新型「デリカD:5」では、標準モデルとURBAN GEARのインテリアも公開されていますが、左側の標準モデルに採用されるオーナメントパネルは木目調の”サバ杢(もく)”で、右側のURBAN GEARが大理石風の”バール杢”と呼ばれるものが標準装備されるとのことですが、基本的にはこのオーナメントパネル一択のみになると言われています。
ただ、発売日のときにはオプションにて別のオーナメントパネルを設定できる可能性もあるとかないとか…

一方のシートについてですが、こちらは標準モデルの”P”とURBAN GEARの”G-PowerPackage”が本革シートが標準装備で、それ以外のグレードはファブリックシートが標準装備となります。
但し、標準モデルのファブリックシートのデザインはブラック or ベージュの何れかから選択が可能ですが、URBAN GEAR”G”のファブリックシートは原則ブラックのみ、そして標準モデルとURBAN GEARの本革シートもブラックのみとなります(この辺りの選択幅の狭さはスタッフからも結構ブーイングがあったみたいです)。

シートの座り心地はどう?

なお、セールスさんが実際にファブリックシートと本革シートの両方とも試乗にて体感済みなのですが、いずれもシートはカタメで、クッション性は現行モデルと変わらないみたいですが、サポート性は向上しているとのこと。
ただ、三菱は”ロングドライブ”が根底にあるため、長距離でも疲れないように柔らかすぎず、だけどカタ過ぎずの丁度良いカタさを設定しているとのこと。

エンジンスペックはどうだ?

エンジンは、4N14(コモンレール式DI-Dインタークーラーターボチャージャー付)となる排気量2.2L(厳密には2.3L?)直列4気筒ディーゼルターボエンジン(現行と変わらず)”アドブルー”と呼ばれるAdBlue尿素SCRシステムが採用され、最高出力146ps/最大トルク380Nmになるとのこと(ほぼ暫定)。
ちなみに、現行モデルが最高出力148ps/最大トルク360Nmとなるため、最高出力は若干低くなりますが、トルクは太くなるみたいですね。
なお、セールスさんの情報によれば新型「デリカD:5」のディーゼルエンジンは、現行モデル以上にカタカタという音は更に抑えられているものの、やはり1速からの加速性のモタつきは解消されていないとのこと。
ただ、エンジン始動時の音は非常に静かで、このあたりはガソリンエンジン並みとのことです。

そして気になる燃費とガソリン燃料タンクですが、燃費は現行モデルよりも13.0km/L→13.6km/L改善され、燃料タンクは変わらずの64Lとなります。
従って単純計算でもワンタンクで約800km近くは走行できるということですね。

そして、今回の新型からはトランスミッションが6速AT→8速ATへと変更されますが、セールスさん曰く、実際に試乗してみたところ1速→2速はギア比高めですが、2速→3速→4速…とかなり静かでシームレスに変速していくとのこと。
シフトショックは全く無く、CVTとまではいきませんが非常に滑らかに変速していくため、全くストレスを感じないとのことです。

なお、私の最寄のディーラでは11月末から新型「デリカD:5」(プロトタイプ)が展示されるとのこと。
具体的なグレード等は一切不明ですが、このプロトタイプモデルの展示に合わせて本格的な予約も開始されるとのことなので、早速現車のチェックをしていきたいと思います。

【【テストカー目撃】三菱 新型デリカ D:5】

三菱・新型「デリカD:5」に関する最新情報はコチラにてまとめております。

☆★☆新型「デリカD:5」最新情報5選はコチラ!☆★☆

三菱・新型「デリカD:5」に試乗したセールスさんの感想を聞いてみた。エンジンの騒音は?静粛性・乗り心地などは?【試乗インプレッション編】(2018/11/3投稿)
三菱・新型「デリカD:5」に試乗したセールスさんの感想を聞いてみた。見た目は?質感はどうだ?【外観インプレッション編】(2018/11/1投稿)
三菱・新型「デリカD:5」の概算見積もりしてみた!各グレードの詳細価格、オプション、残価設定、主要緒元(最低地上高含む)も公開!(2018/10/31投稿)
三菱・新型「デリカD:5」まとめ。リーク画像やグレード(シート材質も…)、価格等も改めておさらいしてみよう(2018/10/30投稿)
【2018年10月29日更新】三菱・新型「デリカD:5」新情報。新エンジンの尿素タンク容量と交換目安が発覚、トランスミッションやスペアタイヤ、ガソリンモデルは?(2018/10/29投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう