12月13日より一部改良の新型「アルト・ワークス」のカタログを完全公開。価格やオプション内容、主要緒元も全て公開!

遂に一部改良の「アルト・ワークス」のカタログを入手

明日の12月13日より、一部改良にて発表・発売される「アルト/アルト・ワークス」ですが、事前にカタログを入手できたため早速その中身を公開していきたいと思います。
今回は、前回一部リークした「アルト・ワークス」のカタログの中身を全て公開。
まず、表紙にはデカデカと「先進のセーフティ機能・デュアルセンサブレーキサポート搭載(5AGS車)」と記載されていますね。ちなみに、5MT仕様にはデュアルセンサーブレーキサポートは搭載されません。

▽▼▽「アルト/アルト・ワークス」カタログ関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

早速カタログの中身を見ていこう

次のページをめくっていくと、新型「アルト・ワークス」の燃費が記載されています。
燃費は前モデルと変わらずとなるJC08モードが(2WD・5MT)23.0km/L、(2WD・5AGS)23.6km/Lとなります。

今回より新たにラインアップされる”ブリスクブルーメタリック”の「アルト・ワークス」。
その代り、”ピュアレッド”が廃止となります。

「アルト・ワークス」のリヤデザインと、インテリアのシフトノブ(レッドステッチ+シフトブーツ付)、アルミ製3ペダルといかにもスポーティな仕上がり。

「アルト・ワークス」に搭載のブーストインジケーター。
ターボ過給圧が高くなると色が白から赤に変化するブーストインジケータをメータ内に装備しています。
加速時の視覚的な愉しさを高めているとのこと。

人間工学に基づいて設定された専用開発のレカロシートを標準装備。
高いホールド性とロングドライブ時の快適性を兼ね備えているとのこと。

こちらはエンジン関係。

こちらはトランスミッション。
これといった変更はありませんが、やはり軽スポーツにパドルシフトが搭載されるというのは非常に嬉しい要素ですね。

こちらはボディ関係。
軽量かつ高剛性の新型プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」や、新軽量衝撃吸収ボディーの「テクト(TECT)」、そして足回りにはKYB製ショックアブソーバーの採用をはじめ、専用チューニングを施したサスペンションをインストール。

こちらはスズキのセーフティーサポート(SUZUKI Safety Support)。
今回の一部改良により新しく追加されたのが衝突被害軽減ブレーキの「デュアルセンサーブレーキサポート」や「後退時ブレーキサポート」を5AGSモデルに標準装備します。

装備内容や価格、オプション内容をおさらい

そしてこちらが最も気になる主要装備とカラーラインナップ、価格帯となります。
一部改良により装備内容も大幅に変更されています。
以下がその主な装備内容となっています。

【主な装備内容】
○軽量衝撃吸収ボディー TECT(テクト)
●運転席・助手席SRSエアバッグ
○デュアルセンサーブレーキサポート(5AGS車)
●誤発進抑制機能(5AGS車)
○車線逸脱警報機能(5AGS車)
●ふらつき警報機能(5AGS車)
○先行車発進お知らせ機能(5AGS車)
●ハイビームアシスト(5AGS車)
○後退時ブレーキサポート(5AGS車)
●後方誤発進抑制機能(5AGS車)
○リヤパーキングセンサー(5AGS車)
●オートライトシステム
○エマージェンシーストップシグナル
●ESP®
○4輪ABS[EBD・ブレーキアシスト付]
●ディスチャージヘッドランプ
○フロントディスクブレーキ[ベンチレーテッド、レッド塗装キャリパー]
●フルオートエアコン
○エコクール(5AGS車)
●オーディオレス仕様
○キーレスプッシュスタートシステム
●電波式キーレスエントリー
○電動格納式リモコンドアミラー[リモート格納]
●PTCヒーター(4WD車)
○本革巻ステアリングホイール(レッドステッチ)
●ブーストインジケーター
○レカロシート(フロント)
●ブラックメッキヘッドランプ
○カーボン調フロントバンパーアッパーガーニッシュ[WORKS]
●フロントバンパーロアガーニッシュ[ガンメタリック]
○リヤバンパーロアガーニッシュ[ガンメタリック]
●ルーフエンドスポイラー
○ボディサイドデカール[WORKS]
●全面UVカット機能付ガラス
○スモークガラス(リヤドア、バックドア)
●ストラットタワーバー
○アイドリングストップシステム(5AGS車)
●イモビライザー(国土交通省認可品)
○フロントスタビライザー
●リヤスタビライザー(2WD車)

今回の一部改良により、「アルト・ワークス」にラインナップされていた”ピュアレッド”のボディカラーは外れ、新たに”ブリスクブルーメタリック”が仲間入りしました。
なお、ボディカラーは全4色で、そのうち無償カラーは”ブリスクブルーメタリック/ブルーイッシュブラックパール3”の2色で、残り”スチールシルバーメタリック/ピュアホワイトパール”は有料色で+21,600円となっています。

また、一部改良によって安全装備が充実している新型「アルト・ワークス」の価格帯は以下のようになっています。念のため、一部改良前の価格帯も記載したいと思います。

【「アルト・ワークス」税込価格帯一覧(一部改良前)】
○2WD・5MT:1,509,840円(同左)
●4WD・5MT:1,617,840円(同左)
○2WD・5AGS:1,547,640円(1,509,840円)
●4WD・5AGS:1,655,640円(1,617,840円)

上の通り、マニュアルの5MT仕様は一部改良前と比べても一切変わらずの据置き価格となっていますが、5AGS仕様が一部改良前に比べて+37,800円もアップしているということ。
これは、安全機能(スズキ・セーフティ・サポート)が標準装備された分の価格アップとなります。

最後は主要緒元。
基本的にはサイズや車体重量は変わらずとなりますね。

【主要緒元】
全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,500mm、ホイールベース:2,460mm
トレッド:(前)1,295mm/(後)[5MT・2WD/5AGS・2WD]1,300mm・[5MT・4WD/5AGS・4WD]1,290mm
最低地上高:155mm
車体重量:[5MT・2MT]670kg/[5AGS・2WD]690kg/[5MT・4WD]720kg/[5AGS・4WD]740kg
エンジン型式:RA06A型
種類:水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ
弁機構:DOHC12バルブVVT
内径×行程:64.0mm×68.2mm
排気量:660cc
圧縮比:9.1
最高出力:64ps/6,000rpm
最大トルク:100Nm/3,000rpm
燃料タンク容量:27L
仕様燃料:無鉛レギュラーガソリン
燃費:[5MT・2MT]23.0km/L/[5AGS・2WD]23.6km/L/[5MT・4WD]22.0km/L/[5AGS・4WD]22.6km/L

☆★☆新型「アルト」関連記事2選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう