トヨタ・新型「スープラ」の画像と価格帯が完全リーク。6気筒モデルについては約565万円から

止まらぬ新型「スープラ」のリーク、今度は画像2枚と価格帯

いよいよ明日1月14日より開催されるアメリカ・デトロイトモーターショー2019にて、トヨタ・新型「スープラ」が世界初公開されますが、その前日に案の定画像2枚と価格がリークしています。
今回画像を公開したのは、これまで数多くのスパイショットや予想レンダリングを公開してきたSupraMKVで、量産モデルの新型「スープラ」はフロントに大口化された3つのエアダクトが設けられ、細長いLEDヘッドライトがセットされています。
また、前回シレッとリークしてしまった搬入?搬出?中の「スープラ」のフロント写真同様に、フロントスプリッタとカナードも確認できます。

その他にはフロントフェンダーのダクトやフロントガラス、ダブルバブルルーフ、エアロダイナミックサイドスカート、軽量アルミホイール、高性能ブレーキングシステムを装備したスポーティスタイルとなっています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

かなり完成度の高そうなスポーツクーペだ

こちらはサイドのリーク画像。
かなり反り上がったリヤスポイラーやリヤテールライト、スポーティなリヤエンドを備えたスタイリングに仕上げられています。

こちらは以前に、トヨタ・メキシコがうっかりとリークしてしまったプロモーション映像の一部ですが、リヤエンドには一体型のリヤディフューザーとF1風のセントラルブレーキライトを装備したアグレッシブなリヤバンパーを装備しています。
その他には、デュアルエキゾーストシステムやリヤカナードも装備しています。

ウィンカーレバーは左側に設定の可能性も

インテリアについては、まだ完成系となるリーク画像が公開されていないものの、スパイショットから大きく変更されることは無さそう。
特に3スポークステアリングホイールやデジタルインストルメントクラスター、細いエアコンの吹き出し口、インフォテイメントシステム、メッキのアクセントはそのままだと思われます。
そして、新型「スープラ」は共同開発となるBMWからの供給パーツを利用し、更にはBMWと共通となるMagna Steyr社にて生産されるため、外車共通となるウィンカーレバーが左側になると言われています。

価格帯は最低でも約565万円から

なお、価格帯(以下はおそらくアメリカ価格)については今のところ上位グレードの排気量3.0L 直列6気筒エンジンモデルのみ明らかになっていて、3グレードラインナップ予定。
ベースモデルが約565万円から、中間グレードのプレミアム版が約610万円から、そして初期ロット版となるローンチエディション版が約624万円からの販売となります。

【2020 Toyota Supra】

☆★☆「スープラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう