マクラーレン「600LTスパイダー」が遂にアンヴェール。0-100km/h加速時間はクーペと変わらずの2.9秒を実現【動画有】

遂に「600LTスパイダー」がアンヴェール

先日、マクラーレンのスポーツシリーズの中でもハードコアモデルに位置する「600LT」のオープンモデル「600LTスパイダー」のティーザー映像が公開されていましたが、ようやくその姿がアンヴェールに。

今回発表された「600LTスパイダー」は、ロングテール(Long Tail)の名を持つ5番目の個体となり、パワートレインはクーペと同じ排気量3.8L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力600ps/最大トルク620Nmを発揮し、更には1トン辺りの出力対重量比は463psを誇る優秀なスペックを持ちます。
トランスミッションは、シームレスシフトの7速デュアルクラッチトランスミッションを搭載し、駆動方式は後輪駆動(MR)となります。

スポンサーリンク

パフォーマンスはクーペとほぼ変わらず

パフォーマンス性としては、0-96km/hの加速時間がクーペと変わらずの2.8秒を実現し、0-100km/h加速時間は2.9秒、そして0-200km/hの加速時間は、クーペと僅か0.2秒しか変わらずの8.4秒、最高時速は324km/hにまで到達します。

今回のモデルについて、マクラーレンCEOのマイク・フレウィット氏によれば、「600LTスパイダーは、スポーツシリーズファミリーの中で最もエクスリームでエキサイティングなモデルであり、ロングテールの名に恥じない一台である。また、カーボンファイバMonoCellⅡシャシーの強度を最大限に活用することで、新しいスパイダーモデルが600LTクーペと同等のダイナミクス性能を発揮できる」とコメント。
しかも、今回のスパイダーモデルはクーペに比べて僅か50kgしか増えておらず、それでいて元々補強の必要性も無く、競合他社に一切引けをとらない優位性を持っていることも明らかにしています。

そして、フェラーリやランボルギーニのスパイダーモデルよりも、より一層のリヤウィンドウの視認性も高いことを強調しています。

また、「600LTスパイダー」は、スポーツシリーズ「570Sスパイダー」よりも100kgも軽量で、上記にもある通り強力なカーボンファイバMonoCellⅡシャシーを採用することで、追加の補強を必要とせずにクーペと同じ構造的剛性を保持します。
これにより、「600LTクーペ」に比べて車体重量は僅か50kgの増加(1,297kg)に抑えられているため、パフォーマンス性はほぼ低下していないことになります。

ちなみに、トップルーフの電動開閉は最大40km/hまで行うことが可能になっており、走行中でもウィンドウデフレクタを作動させることができます。その結果、バフェットの減少や換気の増加、より良いサウンドトラックが可能になっています。

なお、価格帯としてはアメリカでは約2,898万円から、イギリスでは約2,821万円からの販売となっています。

【The McLaren 600LT Spider】

☆★☆「600LT」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう