ジュネーブにて、パガーニがサプライズで「ゾンダ」誕生20周年記念モデルを発表することが判明。史上最強の「ゾンダ」となる可能性大!

まさかの「ゾンダ」の20周年記念モデルが登場するというサプライズ!

来月3月より開催のスイス・ジュネーブモーターショー2019にて、パガーニが1999年に「ゾンダC12(Zonda C12)」を発表してから20周年を祝う特別記念モデル「ゾンダ 20th Anniversary Edition」をサプライズにて世界初公開することがわかりました。
これは、自動車ニュースサイトCarBuzzのPRマネージャーであるGiulia Roncarati氏より明らかになった情報ですが、現時点では具体的なデザインやスペックについては明らかにしていないものの、これまでにない「ゾンダ史上最強のモデル」になることが確実と言われています。

スポンサーリンク

過去に目撃されたエクストリームな開発車両も特別記念モデルの可能性も…

本来であれば、2017年8月の時点に発表された「ゾンダ」の世界限定3台のみとなる最終モデル「ゾンダHPバルケッタ」(約17億円)が最後だったはずなのですが、やはり期待を裏切らないのがパガーニ。
今回のモデルは最終モデルというよりも、究極の特別記念モデルという立ち位置になるので、「ゾンダHPバルケッタ」よりも高額になる可能性も高く、加えてスペックにおいても最高出力700ps以上を発揮するかもしれませんね。

なお、以前より度々目撃されているこちらのモデルについては、「ウアイラBC」のワンオフモデルという風に言われていますが、一方ではこのモデルが「ゾンダ 20th Anniversary Edition」になる?との噂もあり、より一層パガーニがどのようなモデルをジュネーブにて発表してくるのかが気になるところです。

☆★☆「ウアイラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Zero2Turbo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう