フェラーリは2019年に「F8 Tributo」以外にも4つの新型を発表する。ミドシップV6ハイブリッドモデルがようやく登場か?

フェラーリはまだまだ新しいモデルを発表するぞ!

フェラーリは2月28日に、最新ミドシップV8モデル「F8 Tributo」を世界初公開しましたが、同社はこのモデル以外にもあと4台の最新モデルを2019年に発表することが明らかになりました。
フェラーリのマーケティング及びマーケティング担当上級副社長であるエンリコ・ガリエラ氏とオーストラリアの自動車ニュースサイトWhat Carとのインタービューにて、「今年は新型F8 Tributoを下回る2番目のミドシップ・プラットフォームを発表する。そして2019年にはF8 Tributoを含む5つのモデルが登場するだろう。これはフェラーリにとって新世代製品を生み出す始まりのひとつである」と説明。

スポンサーリンク

より実用面にも適したオールラウンダーなフェラーリが登場?

なお、エンリコ・ガリエラ氏の追加の説明によれば、2019年には既存モデルの置換え版やそうでないものを販売するとして、それらにはGTセグメントやスポーツセグメントといった幅広いジャンル(多分その中にはFUVというカテゴリの「プロサングエ」も入っていると予想)のモデルが登場することが明らかになっています。

フェラーリのエントリーモデルとなるミドシップエンジンプラットフォームスポーツカーについての詳細は一切知られていませんが、恐らくこのモデルに搭載されるのがV型6気筒ターボチャージャーエンジン+電気モータのハイブリッドではないかと推測しており、このミドシップモデルは他社よりも日常の運転により適していると説明しています。

☆★☆フェラーリ関連記事4選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう