トヨタ・新型「GRスープラ(A90)」の見積もりしてみた。グレードは最上位のRZ、オプションはたった1個で729万円、値引や納期は?

新型「GRスープラ(A90)」の見積もりしてみた!

さて、トヨタとBMWの共同開発モデルとなる新型「GRスープラ(A90)」の見積もりを入手。
実は、3月に入った時点ですでに見積もりを取得していたのですが、色々あって今回ようやく公開できるようになりましたので、オプション関係や諸費用も含めてどれぐらいかかるのか?値引はあるのか?納期はどれぐらいなのか?をまとめていきたいと思います。

なお、今回見積もりしたのはトップグレードの”RZ”で、パワートレインは排気量3.0L BMW製直列6気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載し、最高出力340ps/最大トルク500Nmを発揮します。

新型「GRスープラ」は、大きく3グレードに分類されますが、もしそれぞれの価格帯や主要装備、オプション、主要緒元等が気になる方は以下の関連記事をチェックしてみてください。

▽▼▽新型「GRスープラ」関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

まずは新型「GRスープラ」の価格をおさらい

見積もり内容の前に新型「GRスープラ」のグレード別価格帯をチェックしていきましょう。
今現在ディーラにて連絡が入っている価格帯は消費税8%込で端数を切り捨てた”暫定”価格帯になっているかと思いますが、現時点で新型「GRスープラ」の納期は半年以上となり、10月以降となっているため、どうしても10月の消費税10%アップを避けることは難しいため、以下に公開するのは消費税10%込の正式価格となります。結構細かい金額となるのでご注意を。

【新型「GRスープラ」グレード価格帯一覧(消費税10%込)】
・ベースグレード”SZ”・・・4,990,741円
・中間グレード”SZ-R”・・・6,009,559円
・上位グレード”RZ”・・・7,027,478円

ただ、今回取得している見積もり内容は、あくまでも現時点で購入した場合での価格となるため、消費税8%込での見積もり結果となっています。
ちなみに、グレード別価格帯(消費税8%込)は、”SZ”が4,900,000円、”SZ-R”が5,900,000円、”RZ”が6,900,000円となります。

早速見積もりをチェックしていこう!

今回取得した上位グレード”RZ”の見積もり内容は以下の通り。

[グレード/駆動方式:RZ/FR(税込)]
ボディカラー:ライトニングイエロー(有料色)
インテリアカラー:アルカンターラ×本革[レッド](標準)
メーカオプション:ライトニングイエロー(+32,400円)

①車両本体価格:6,900,000円
②メーカーオプション:32,400円
③ディーラオプション:0円
④諸経費:363,446円
総支払額(①+②+③):7,295,846円

総支払額は約730万円となりましたね。
「GRスープラ」はほとんどオプション装備がなく、メーカオプションでは”SZ-R”と”RZ”だけが選択可能なライトニングイエロー(32,400円)と、”RZ”だけが選択可能なマットストームグレーメタリック(345,600円)、そして”RZ”だけが選択可能な本革シート[ブラック](81,000円)の僅か3種類となります。

今回はライトニングイエローのみを選択していますが、超高額なマットストームグレーメタリックをチョイスする際には、製造できる期間が非常に長くなるとのことから年間20~25台の抽選販売になると言われています。

仮にマットグレーと本革シートをオプション選択していたら約770万円にまで跳ね上がることになり、単純にポルシェ「718ケイマン/718ボクスター」が購入できてしまう価格となります。
トヨタはもともと、BMWと共同開発を進めていくうえで、”ポルシェ「718シリーズ」と勝負できるようなモデルを作りたい”と語っていたことから、ある意味この価格帯をそれを狙っていたのかもしれません。

諸費用の内訳を見ていこう

ちなみに諸費用の内訳(8%税込)はこんな感じ。
自動車税に関しては、10月に登録した場合の金額となっていますがこれだと消費税10%となるため、ぶっちゃけ車両本体価格も上がるんじゃないのかなぁ…と思うんですが、とりあえずそのあたりはスルーしておきましょう。

⑤税金・保険料:279,680円
・自動車税(21,200円)
・自動車重量税(172,500円)
・自動車重量税(49,200円)
・自賠責保険料(36,780円)

⑥課税販売諸費用等小計:43,166円
・検査登録手続代行費用(21,276円)
・車庫証明手続代行費用(15,120円)
・資金管理料金(290円)
・希望ナンバー交付手数料(6,480円)

⑦預り法定費用等:25,400円
・預り法定費用[新規検査登録手数料](3,620円)
・預り法定費用[車庫証明費・協会費](2,600円)
・預りリサイクル預託金(12,580円)
・預り行政書士料(6,600円)

⑧その他:15,200円
・道路サービス関連費用(6,000円)
・保証がつくしプラン3(9,000円)
・パスポート・印紙代(200円)

この辺りの金額は、各ディーラによって異なる部分があるため、あくまでも参考ではありますが、仮に新型「GRスープラ」を見積もる際には、車両本体価格+50万円は考えておいた方が良いかもしれませんね。

「GRスープラ」に値引きはあるの?

私がいつもお世話になっているトヨタ・ディーラでは、原則値引きは無いと言われました。
レクサス同様に基本的には受注生産となるこのモデルは、生産ストックを確保する必要のないモデルでもあるため、どうしても値引をすることは難しいとの回答を頂きました。
ただ、ある程度台数を捌ける某県では値引きがあるかもしれないとのことです。

☆★☆スープラ関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう