ケーニグセグ初のPHVモデル「レゲーラ」の生産枠がまたまた転売中。価格は何と「ジェスコ(Jesko)」と同じ3.4億円、納車は今冬予定

「レゲーラ」の生産枠が転売中。自分好みのオプションが設定できるチャンス!

先日、ケーニグセグが世界限定125台のみ販売した最新ハイパーカー「ジェスコ(Jesko)」が完売したばかりですが、その一方で今回世界限定80台のみ販売され、日本国内ではZOZOTOWN 前澤友作 CEOもオーダーしている同社初のPHVモデル「レゲーラ(Regera)」の生産枠(ビルドスロット)が転売されています。

この「レゲーラ」の生産枠ですが、未だ仕様が何も決まっていない状態で、つまりは生産枠を購入するオーナーは、ボディカラーから具体的なオプションまで全て選択できる状態となっています(オプション費用は生産枠購入費用とは別)。
なお、この生産枠は6月末までに生産スタートする予定で、今冬までに納車されるといわれています。

スポンサーリンク

転売価格は約3.4億円。やはりケーニグセグの転売価値は相当に高いようだ

気になる価格帯についてですが、やはり世界限定80台のみということもあって驚異の約3.4億円(新車販売価格は約2.7億円なので+79%の利益)。
何と最新モデル「ジェスコ(Jesko)」と同じ価格設定となっていますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ちなみに、気になる「レゲーラ」のパワートレインは、排気量5.0L V型8気筒ツインターボエンジン+3基の電動モータを組合わせることで、システム総出力1,500psを発揮。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が2.6秒、0-400km/hの加速時間が約20秒と、0-400-0km/hの世界最速記録を持つ「アゲーラRS」よりも優れた加速性能を持つため、必然的にブガッティ「シロン」よりも圧倒的なパフォーマンスを発揮します。

☆★☆「レゲーラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう