Novitecがフェラーリ「ポルトフィーノ」専用パフォーマンスキットを発表。600馬力→684馬力の強烈チューン、外観もスタイリッシュでクールに

Novitecが「ポルトフィーノ」の過激カスタムを発表

過激チューナーでお馴染みNovitecが、フェラーリのエントリーモデル「ポルトフィーノ(Portofino)」専用パフォーマンスキットを発表。
今回発表のパフォーマンスキットは、エンジンチューニングに加えて、外観もカーボンを多用しながらもスマートでスタイリッシュなエアロを装備した充実の一台となっています。

スポンサーリンク

エンジンチューニングで最大84馬力も向上

まずエンジンチューニングについてですが、最高レベルに設定する場合、排気量3.9L V型8気筒ツインターボエンジンはそのままに、ECUセットアップ等によって最高出力600ps→684ps/最大トルク760Nm→871Nmと大幅に向上させています。
これにより、直線でのパフォーマンスにおいては、0-100km/hの加速時間が3.2秒、最高時速は325km/hにまで到達します。

そしてもう一つのエンジンチューニングは、N-TRONICモジュールと呼ばれる特別なマッピングにより、エンジンは変わらず最高出力600ps→668ps/最大トルク760Nm→851Nmにまで向上させることも可能となっています。

その他の改良点として、ハイパフォーマンスエキゾーストシステムをインストールしすることで、パワーを向上させるだけでなく、重量も11kgの軽量化に成功しているため、パワーウェイトレシオ比の向上につながっています。

スペックアップに加えて外観もスタイリッシュにカスタム

もちろん、車体重量の軽量化だけに留まらず、空力特性の向上を図る意味でもカーボンエアロコンポーネントのオーダーも可能となっています。
具体的には、サイドエアインテークやエアディフレクターインサート付フロントスポイラー、エアインテーク用インサート、フロントフェンダーのサイドエアベント用ギルタイプサラウンド、Novitecロッカーパネル、カーボンファイバ製リヤバンパーアタッチメント、リヤスポイラーリップ等が装備可能となっていますが、これだけ装備されてもスタイリッシュでクールな仕上がりになっています。

足元のホイールに関しては、社外メーカであるVossenとの共同開発によって誕生したフロント21インチ/リヤ22インチのNF8鍛造ホイールを装着します。

その他においては、ハンドリング特性を改善するために車高が約35mmローダウンするスポーツスプリングや、フロントを40mmリフトアップ可能な油圧フロントリフトシステム(80km/hの速度に到達すると自動的にリフトダウン)も装備されます。

インテリアについては、レザー&アルカンターラのバイマテリアルを採用することで高級感とスポーティ感を更に加味。
フェラーリのエントリーモデルとは思えぬ程に質感を高めた究極の一台となります。

☆★☆Novitec関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう