日産・2019年モデルとなる次期「ジューク」はこうなる?これまで目撃された開発車両の情報を集約した現実的なレンダリング

~これまでの目撃情報を集約させたレンダリングが登場~

さて、2019年7月頃にフルモデルチェンジ版として新しく登場する予定の日産・コンパクトクロスオーバー「ジューク」ですが、これまで目撃されてきた開発車両の情報をもとに作成された予想レンダリングが公開されています。
今回レンダリングを作成したのは、デジタルイラストレーターのShoeb Kalania氏で、現行の「ジューク」をベースとしながらも、開発車両にて明らかになっている部分を忠実に再現した”現実的な”レンダリングだと思われます。

レンダリングを確認していくと、やはり大きく変化する部分はフロント上部にあるデイタイムランニングライトで、独特なブーメラン形状だったものが、三菱「デリカD:5/eKクロス(eK X)」に近い細長くも釣り上げ式に変更されると思われます。
その下にあるフロントヘッドライトや更にその下のフロントフォグランプは、現行とほぼ変わらずだと思いますが、グレードによってハロゲンもしくはLEDとなるかもしれません。
そしてフロントグリルは、日産のアイデンティティでもあるVモーショングリルが強調され、スポーティでダイナミックなフロントフェイスになることが期待されています。

スポンサーリンク

~最新プラットフォームは2種類の内のハイスペック版~

前回の記事でもご紹介しましたが、次期「ジューク」では最新のCMF-Bプラットフォームを採用する予定となっていますが、スタンダード仕様の「CMF-B LS」とハイパフォーマンス仕様の「CMF-B HS」(おそらく剛性や振動を抑えた高品質タイプ)の2種類存在するなかで、後者の「CMF-B HS」が採用される可能性が高いと言われています。
外観については、特にこれといった大きな変更はないものの、ホイールベースは現行比+50mm長くなる予定です。これにより、室内空間(後席)の快適性が向上します。

気になるエンジンについては、新開発の排気量1.5Lの自然吸気エンジンと、排気量1.6Lのターボチャージャーエンジンの2種類のガソリンエンジンをラインナップし、ディーゼルエンジンの代わりにe-Powerシリーズのハイブリッドパワートレインをもラインナップされる予定となっていて、eペダルと呼ばれるアクセル一つで加速・減速・停車の3役をこなすシステムも搭載されるかもしれません。

☆★☆「ジューク」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう