BMW新型「1シリーズ」が日本でも発表。待望の前輪駆動(FF)搭載、エンジンは直3&直4ターボガソリンとディーゼルの両方をラインナップ

~遂に新型「1シリーズ」がそのヴェールを脱ぐ~

BMWのエントリーモデルとして高い人気を誇る「1シリーズ」ですが、本日5月27日に遂に日本仕様の新型「1シリーズ」が発表されました。
今回の新型モデルでは、プラットフォームが一新されたことにより、駆動方式が後輪駆動(FR)から前輪駆動(FF)へと変更され、安定性とスポーティな走りを両立する上質な一台へと進化しています。

今回のフルモデルチェンジによって3代目となる新型「1シリーズ」ですが、駆動方式を前輪駆動にしたことでエンジンは縦置きから横置きへと変更され、更にエンジンのラインナップもガソリン2種類、ディーゼル3種類と非常に充実しているとのこと。

スポンサーリンク

~実はコンパクト化された新型「1シリーズ」~

まず、今回の新型「1シリーズ」では、プラットフォームが一新したことにより、全長4,319mm(-5mm)×全幅1,799mm(+34mm)×全高1,434mm(+13mm)、ホイールベース2,670mm(-20mm)となり、ワイド感を持ちながらも実用性を高めるためにコンパクト化された都会向けの一台となっています。

外観においては、フロントヘッドライトは2眼タイプで、LEDデイタイムランニングライトはU字ラインが連なっていることが確認できますね。
そして個人的に気になっていたフロントのキドニーグリルですが、若干大口化しながらも、新型「3シリーズ/X5」のようにグリルシャッターが設けられず、新型「Z4」のようなアグレッシブなグリルが採用されています。

リヤテールのハウジングは非常に横長になり、LEDテールランプが採用され、非常にシャープなL字に近いデザインとなっていることが確認できます。
またリヤマフラにおいても、両サイド1本だしで非常にスポーティ。ブラックのリヤアンダーバンパーとの相性も非常に良く、引き締まったリヤデザインとなっています。

~ガソリンモデルが2種類、ディーゼルモデルが3種類ラインナップ~

気になるパワートレインですが、ガソリンモデルのエントリーグレードとなる「118i」が排気量1.5L B38型直列3気筒ターボエンジン(最高出力140hp/最大トルク220Nm)、そして上位グレードとなる「M135i xDrive」が排気量2.0L B48型直列4気筒ターボエンジン(最高出力306hp/最大トルク450Nm)を搭載します。

一方のディーゼルモデルについては、エントリーグレードの「116d」が排気量1.5L B37型直列3気筒ディーゼルターボエンジン(最高出力116hp/最大トルク270Nm)、中間グレードとなる「118d」が排気量2.0L B47型直列4気筒ディーゼルターボエンジン(最高出力150hp/最大トルク350Nm)、そして最上位グレードとなる「120d xDrive」が排気量2.0L B47型直列4気筒ディーゼルターボエンジン(最高出力190hp/最大トルク400Nm)を発揮します。

なお、ガソリン・ディーゼルモデル全てトランスミッションは8速ATのみをラインナップ。

~インテリアは先進的で他グレードと同じインフォテイメントシステムを採用~

続いてはインテリアですが、新型「3シリーズ/Z4/X5/8シリーズ」にも採用されているフルデジタルインストルメントクラスターを設定していますね。

これは次世代デジタルコックピット「BMWオペレーティングシステム7.0」と呼ばれるもので、カスタマイズ可能なディスプレイになっていて、オイル温度や燃費を始め、ドライバーに常に最新の情報を表示して直感的な操作を特徴としています。

気になる価格帯についてはまだ明らかにされていませんが、おそらく夏ごろまでに正確なラインナップ価格が判明するのではないかと思われます。

☆★☆新型「1シリーズ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motorfan

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう