フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」の開発車両がまたまた登場。何とホイールは現行RS並みにスポーティなデザインに進化!

2019-07-13

~またまた新型「フィット4」の開発車両が登場!今度の気になるポイントは?~

今年10月末の東京モーターショー2019にて、いよいよ世界初公開されるホンダのフルモデルチェンジ版・新型「フィット4(FIT4)」ですが、これまで何度も開発車両が目撃されてきました。

今回も一般人により、公道にてテスト走行を行う次期「フィット4」の開発車両が目撃されたわけですが、上の画像にもある通り、ボディ全体が迷彩カラーのラッピングにて偽装されながらも、足元のホイールを見てみると、何とこれまでには無かった全く新しいデザインのホイールを装着していることが発覚!

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~想像以上にスポーティで現行RSに引けを取らない複雑さ~

少し角度を変えて間近にて見ていくと、ホイールデザインはオールブラックにてペイント処理され、ホイールサイズは15インチ~16インチの一般的なサイズながらも、タイヤの扁平率は45当たりの少し薄めでスポーティなタイヤを装着しているのではないかと推測。

そして最も気になるホイールのスポークデザインについてですが、これに似たデザインを現行「フィットRS」にて装着しているのは知っていましたが、ここまで複雑なマルチスポークタイプのホイールを装着した「フィット」は見たことが無く、それだけ今回のフルモデルチェンジは相当に力が入っているのだと思われますね。

スポーティな足回りに加えて、デュアルモータを搭載したi-MMDと呼ばれる「アコード」より採用されたハイブリッドシステムにより、モータのアシスト力が強化され、現行のハイブリッドモデル以上に更にトルクフルな走りを提供することになります。
このトルクフルな走りを最大限に発揮するために、トランスミッションの改良はもちろんのこと、タイヤサイズとタイヤ幅を広げることでグリップ力を高め、それに加えてホイールのデザインもスポーティに合わせてきたのではないかと推測しています。

なお、このホイールデザインが具体的にどのグレードにて採用されるかは不明ですが、もしかするとハイパフォーマンスグレードとなる新型「フィット4 RS」に標準装備されるのかもしれません。

~改めて現行「フィット」のホイールデザインを見返してみよう~

via:https://www.honda.co.jp/

ちなみに現行「フィットRS」に装着されているホイールは上の通り。
切削光輝に加えて、細いシングルスポーク部分はブラックにペイント処理されたデュアルトーンタイプとなります。
十分なサイズ感とデザイン性を持つホイールではありますが、これよりも更に高級感も加味したホイールとして登場することが期待されています。

via:https://www.honda.co.jp/

なお、他の現行「フィット」の別グレードにて装着されるホイールはこんな感じ。

via:https://www.honda.co.jp/

こちらはエントリーグレードのフルホイールキャップですね。

こちらは過去に目撃された新型「フィット4」の別グレードと推測されるホイールデザイン。
現行「フィット・ハイブリッド」にも装着されているホイールをブラックペイント処理したものではないかと考えますが、もしかすると現行モデルから流用するホイールもいくつか存在するのではないかと思われますね。

☆★☆新型「フィット(FIT)」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう