2020年モデル・日産の新型「エクストレイル(海外名:ローグ)」発表!価格は約274万円から、グレードは大きく3種類、上位グレードはプロパイロットシステムを標準装備へ

日産の主要SUVモデルでお馴染みとなる「ローグ(日本名:エクストレイル)」が、アメリカ市場向けとなる2020年モデルのグレード別価格帯を発表しました。
アメリカ市場にて販売される新型「ローグ」ですが、前回の記事でも触れた通りハイブリッドモデルの販売不振によりガソリンモデルのみのラインナップとなります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

その結果、大きく3グレード”エントリーS/中間SV/上位SL”のガソリンモデルがラインナップされるとのことで、何れも前輪駆動(FF)と四輪駆動(AWD)が提供され、上位グレードSLには高度なプロパイロットシステム(ProPilot Assist System)が標準装備となり、中間グレードSVではメーカオプション扱い、日産セーフティ・シールド360が中間グレードSVと上位グレードSLには標準装備されます。

スポンサーリンク

~内外装の変更は無し、標準装備内容が充実に~

そして全グレードには、一体型ターンシグナル付ボディカラーやヒーテッドウィングミラー、リヤスポイラー、プライバシーガラス、ルーフレールを標準装備とし、オプションにてパノラマムーンルーフや17~19インチのアルミホイールを設定することが可能となります。

またインテリアにおいては、Apple CarPlay/Android Autoをサポートする7インチカラータッチスクリーンインフォテイメントシステムも搭載しますが、デザイン変更は何もないとのこと。

ガソリンモデルのパワートレインについては、排気量2.5L 直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力170hp/最大トルク237Nmを発揮します。

なお気になるグレード別の価格帯としては、エントリグレードS(FF/AWD)の価格帯が約240万円~/約289万円~、中間グレードSV(FF/AWD)が約289万円~/約304万円~、そして上位グレードSV(FF/AWD)が約343万円~/約358万円~の販売となります。

☆★☆「エクストレイル」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう