【最新情報】茨城県・常盤道と愛知県、静岡県でのホワイトSUVのオーナーの煽り運転&暴行について。なぜすぐに逮捕されないのか理由が明らかに!【動画有】

2019-08-15

~これだけ大きな騒ぎになっている煽り運転&暴行。なぜ逮捕されないのか?~

さて、先日より大きく騒がせているホワイトSUV(BMW新型「X5」)オーナーによる8月10日の茨城県・常盤自動車道にて発生した煽り運転と暴行動画について。

8月13日早朝、7月23日午前3時頃に静岡県・清水IC付近にて進路妨害を繰り返す動画がアップされ、今度は同日の午前6時半頃に愛知県の新東名高速道路・岡崎IC付近にて行われた煽り運転の動画もアップされていることに加え、更にこのSUV車両がまさかのBMWディーラの試乗車であることが判明し、既に8月12日にはモトーレン東名横浜のBMW横浜三ツ沢ショールームに返却していることも明らかになっています。

そして本日8月14日、この煽り運転並びに暴行を行った人物に関して、未だ逮捕されていないとして世間の声も「なぜ逮捕しないの?」「お盆だから捜査していないのか?」というコメントが相次いでいますが、なぜ逮捕されないのか?について理由が判明しました。

スポンサーリンク

~ドライブレコーダーの記録は極めて強力な手がかりだが、限界がある模様~

これは、本日8月14日の18時頃に放送されたHABスーパーJチャンネル ゆうどきLiveの内容をそのまま引用しているのですが、現在警察は「捜査に取り掛かっている」のですが、これが想像以上に難航しているのとのこと。

その理由としては、8月10日に茨城県・常盤道にて発生した煽り運転&暴行を加えた男性の顔と車両(BMW新型「X5」)の特定ができているものの、7月23日に発生した愛知県と静岡県での煽り運転に関しては、車両は特定できても、運転手の顔が特定できないとして、この辺りに大きく時間がかかっているとのこと。

ドライブレコーダーにて残っている映像では、しっかりと車両が判別できたとしても、運転手までは一切確認できないとして、これらを運転していた人物が、実際に試乗車を借りた人物と完全に一緒なのかどうかがわからず、すぐに逮捕に踏み込めないのだそうです(ちょっと納得しかねる理由ではありますが…)。

~常盤道での暴行動画が唯一の手がかりとなりそう。だから煽り運転ではなく、傷害の容疑で捜査を進めている必要がありそう~

そういった意味では、常盤道にて発生した暴行の映像では運転手の顔が特定でき、傷害容疑にて操作が可能となるのですが、それ以外の静岡県と愛知県での特定は難しくなるため、警察もそう簡単に動くことができない状況にあるとのことでした。

ただ、それでも今回のような煽り運転は、これまでになく極めて悪質な内容ですし、正直テレビや動画を見ている私たちからすれば、「運転手は絶対一緒だ!」と思っているのですが、それでもすぐに逮捕に至ることができないのは非常にむしゃくしゃする部分ではありますね。

~追記①:試乗車は3日間の借用期間を設けるも20日間返却しなかった模様~

FNN PRIMEの情報より、試乗車が約20日間も借りだされていた理由が明らかとなりました。

~追記②:ようやく代車を押収し指紋捜査へ。但し男性は未だ逮捕されず~

新たな情報として、BMWディーラにて返却された代車を押収した模様。
但し、今もなお男性は逮捕されていないとのことです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

【危険運転の“白い車”は試乗車 きのう返却され・・・(19/08/13)】

☆★☆煽り運転関連記事4選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう