フルモデルチェンジ版・日産の新型「ジューク(Juke)」を確定させたティーザー画像が追加公開!更にフランクフルトモーターショー2019でも正式に出展へ

~ようやく新型「ジューク」を証明したティーザー画像がリリース~

いよいよ来月9月3日より、日産のフルモデルチェンジ版・新型「ジューク(Nissan Juke)」が世界初公開されますが、この度日産から3枚目のティーザーを更新したものが改めて公開されました。

今回更新されたティーザー画像ですが、上半分のサイドシルエットが判明しながら、フロントLEDデイタイムランニングライトやリヤテールランプが点灯した状態なのは変わらないものの、ここに新たにNEW JUKE IS COMING/03.09.2019」という表記が追加されました。

これまでのティーザー画像では、「ジューク」であることを明確に示したティーザー画像は公開されていなかったため、一部では「本当にジュークが登場するのか?」という話もあったそうですが、今回の追加(改良?)ティーザー画像でそれが明確になりましたね。

ちなみにこちらが、以前公開されていた3枚目のティーザー画像。
上下には新型「ジューク」を表記したものは何もありませんね。

なお、今回のティーザー画像追加に合わせて、来月9月12日より開催されるフランクフルトモーターショー2019でも正式に出展することが決定したとのことで、このショーにて正式なプロトタイプモデルを確認することができそうです。

スポンサーリンク

~これまでに公開されてきた新型「ジューク」の情報をおさらいしてみよう~

改めてこれまで公開されてきたティーザー画像を見ていくと、新型「ジューク」のフロントLEDデイタイムランニングライトや丸型+Y字型を意識したヘッドライトは、これまで日産がラインナップしてきた「エクストレイル/ムラーノ」といったSUVモデルには無い独自のデザイン言語であり、かなり個性的な一台となることが期待できますね(海外にて販売されている「リヴィナ」には似ている)。

これまで明らかになっている情報をおさらいしてみると、プラットフォームについては、以前プレスリリースされたルノー・新型「キャプチャー」や新型「クリオ」等にも採用されるCMF-Bプラットフォームを採用することで、ロングホイールベース且つ全長が延長されることはもちろんのこと、車格は若干大きくなり、しかし車高が少し下がることで低重心化を図り、安定した走行性能を得る仕組みとなりそうです。

気になるエンジンラインナップについてですが、プラットフォームの変更により、内燃機関モデルのみに留まらず、ハイブリッド(HV)やプラグインハイブリッド(PHV)、そしてオールEVといった電動パワートレインの搭載が可能となっていますが、このあたりは新型「キャプチャー」が2020年以降にPHVモデルを発表する予定なので、おそらく新型「ジューク」にもPHVモデルが共通化されると予想。

PHVモデルのパワートレインは、排気量1.6L 直列4気筒エンジン+電気モータ、容量9.8kWhのバッテリー(バッテリーのみでの航続距離32km)を組合わせるといったかなり詳細な情報も明らかになっているようです。

その他マイルドハイブリッドモデルもラインナップする予定で、排気量1.0L 直列3気筒ターボエンジンと、排気量1.5L dCiディーゼルエンジンの既存の2種類のエンジンを流用し、ハイエンドグレードにおいては四輪駆動もラインナップする予定となっています。

☆★☆新型「ジューク」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう