フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ヴィッツ/ヤリス」のエンジンラインナップは1.3Lガソリンと1.5Lハイブリッドが採用されるとの報道。完全にホンダ・新型「フィット4」を意識したモデルに

~自動車情報誌もいよいよ東京モーターショーに向けて情報を一挙に公開!~

先日、愛知県豊田市内のトヨタ本社近くにて、フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ヴィッツ(Vitz)/ヤリス(Yaris)」と思われる開発車両がカモフラージュ無しの状態にて目撃されましたが、このモデルに関する新たなる詳細情報が明らかに。

自動車情報誌ベストカーの情報によると、今回新たに登場するモデルは「ヴィッツ」の後継モデルとなる「ヤリス」という名称に変更され、2020年2月頃に発売されるとのこと。

スポンサーリンク

~新型「ヴィッツ/ヤリス」に採用されるプラットフォームTNGA GA-Bで決定!~

これに加えて、今回の新型モデルは、プラットフォームもコンパクトモデルに適用されるGA-Bが採用されるとのことで、「CH-R/カローラ」に採用されるGA-Cプラットフォームよりも下位に位置し、今後の次世代コンパクトモデルにて適用されるフレキシブル性をもっていわれています。

ちなみにGA-Bプラットフォームは、ホイールベースとトラック幅を可変式にすることで、同じプラットフォームを共有する異なる外観を持つモデルにおいても自由な設計を施すことが可能に。
またこのプラットフォームでは、マクファーソンストラットのフロントサスペンションと、トーションビームもしくはマルチリンクリヤサスペンションのいずれかを使用することも可能となっています。

~改めて新型「ヴィッツ/ヤリス」の外観はどうなる?~

そんな高いフレキシブル性を持った新型「ヴィッツ/ヤリス」ですが、外観としては新型「RAV4」のような釣り目タイプのフロントヘッドライト(以前より噂されていたプロジェクター式のハロゲン?)と、コンパクトなフロントグリルとロアグリル、そして薄らとフロントフォグランプっぽいものもインテーク部分にて確認できますね。

この辺りのデザイン性についてはキープコンセプトといったところで、グレードによってはヘッドライトのデザイン性も変わることが予想され、更にスポーティでスタイリッシュに進化するのではないか?と期待されています。

~エンジンはまさかの新型「フィット4」と全く同じに?~

そして気になるエンジンラインナップについてもベストカーは報じていて、基本的には排気量1.3Lガソリンエンジンモデルと1.5Lハイブリッドモデルの2種類がラインナップされると断言しており、このエンジンラインナップで攻めるということで、10月末に東京モーターショー2019にて登場するフルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」と全く同じエンジンラインナップとなるため、後発となる新型「ヴィッツ/ヤリス」の方が、価格帯や安全装備の面で有利に立つようなセッティングを施してくるのではないかと予想。

なお、このモデルの発売時期は先述の通り2020年2月頃を予定しているとのことですが、やはり東京モーターショー2019での先行発表も大きく期待したいところですし、何よりも直接的なライバルとなる「フィット4」との比較も見てみたいところです。

☆★☆新型「ヤリス/ヴィッツ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:ベストカー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう