これマジか…東名高速道にてあおり運転&エアガンを発砲した黒のミニバン、何と8月2日にも名神高速にて同様のあおり運転を行っていたことが判明

~やっていることは宮崎文夫 容疑者と何ら変わりない…~

愛知県の東名高速道路にて、黒のミニバン(トヨタ「ヴェルファイア」)が執拗なクラクションに加え、エアガンのようなもので何度も発砲するといった悪質なあおり運転を行い、更にはその黒のミニバンが盗難車であったことも発覚したとして、この車を運転していた関西に住む40代の男に対し逮捕状が請求されているのですが、どうやら先月の8月2日にも名神高速道路にて同様のあおり運転を行っていたことが発覚しました。

中京テレビNEWの情報によると、8月2日に京都府京都市の名神高速道路にて、走行車線から追越車線を走行する撮影車両に対して、執拗にエアガンを発砲したとのこと。

スポンサーリンク

~そもそもあおり運転が発生した理由も気になるところだが…~

残念ながら、こうしたエアガンが発砲される前の動画は公開されておらず、どうしてこのようなあおり運転が発生したかは不明ですが、もしかすると撮影車両はあおられる以前から追越車線を走行していた可能性がありますが、いずれにしてもエアガンでの発砲では器物損壊と道路交通法違反の疑いとなるので、更なる厳しい措置が施されるかもしれません。

その一方で、撮影されている車両は盗難車両であることも発覚し、ナンバープレートも細工が施されていると言う衝撃的な事実も発覚していますが、もしかするとこの盗難車は8月以前から長期的に男が所有し続けていた疑いもあるため、この辺りの経緯もしっかりと調べていく必要があるのではないかと思いますね(事件レベルが茨城県・常磐自動車道でのあおり殴打を行った宮崎文夫 容疑者と何ら変わりない…)。

【東名“あおりエアガン” 事件後ナンバーに細工か?(19/09/12)】

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Yahoo!ニュース(中京NEWS)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう