トヨタのホワイトパール塗装剥がれ問題で対象外となっている「ランドクルーザー・プラド」。「アルファード/ヴェルファイア/ハイエース」よりも異常な剥がれ方をしている件

~「120系ランクル・プラド」のホワイトパール塗装剥がれも想像以上に深刻かもしれない~

以前より大きな話題となっているトヨタのホワイトパール塗装剥がれ問題。
既にトヨタからは、サービスキャンペーンという名目(リコールではないため対象車への通知は無し)で、2010年付近にて製造されたホワイトパールカラーの「アルファード/ヴェルファイア/ハイエース/レジアスエース/iQ/カローラルミオン/オーリス/ウィッシュ」(対象期間については、以下の記事を参照)については、新車を登録した日から10年以内、但し、2020年12月末までは10年超過車も保証するという、無償塗装修理を行うことを発表。

しかしながら、上記対象モデル以外にも「プリウス/ノア/シエンタ/ランドクルーザー・プラド」でも新たにホワイトパールの塗装剥がれが多発しているのですが、今回新たに発覚した2010年付近に製造の「(120系)ランドクルーザー・プラド」の塗装剥がれが想像以上にヤバいと話題に。

上の画像は、実際に塗装剥がれが発生している「ランドクルーザー・プラド」なのですが、直接手で剥がしたわけでもなく、経年劣化によって自然と剥がれてしまった可能性が高いとのことですが、さすがにここまで綺麗に剥がれてしまうと「せっかく有償カラーを選んだのに、この品質ってどうなの?」とクレームを付けてしまうのも無理はないですね(おまけに剥がれた膜はタイヤに付着)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~案の定のその後のトヨタディーラの対応も問題~

塗装が完全に剥がれてしまい、塗装部分よりも更に内側の層が完全に丸見えの状態となっていますが、これではタッチアップペンで補修するのも難しいレベルですし、トヨタディーラにて対応して頂かない限りは埒があかなそう。

なお、このモデルを所有しているオーナー様の情報によれば、更にルーフ部分も塗装剥がれが発生しているそうで、実際にトヨタディーラに報告に行き、調査依頼を申し込んだところ「調べます」と回答されてから、既に半年以上も放置されているそうです。

~トヨタのホワイトパールモデルで悩んでいる方はチェック!~

ちなみに、こうした問題をトヨタディーラやお客様相談窓口に相談しても、全く意味をなさない恐れもあることから、国土交通省に正式に届け出を出さない限りはメーカからの発令は無いわけですから、やはりかなりの数の情報提供が必要になってくるのだと思われます(つまり市場からの情報が命になる)。

そのため、当ブログでもホワイトパールの塗装剥がれ問題について、被害に遭われた方々の情報を集約して、先述にもある無償対応を可能とするような呼びかけを行っていけたらと思います(既に数多くの方からのお問い合わせも頂いているので、この情報をしっかりと反映させていきたいと思います)。

また、こうした問題をディーラにて問い合わせた際の対応についても併せて記載していきますので、上記のような被害に遭われている方は、以下の問い合わせページにてご連絡をいただくか、私のツイッター(ページはコチラ)、もしくはフェイスブック専用ページ(ページはコチラ)よりご連絡いただけますと幸いです。

☆★☆トヨタ・ホワイトパール塗装剥がれ問題の関連記事はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう