スバル新型「レヴォーグ」の開発車両がまたまた登場。今回は最も気になるフロントフェイスが明らかに

2019-10-06

~遂に新型「レヴォーグ」のフロントフェイスが明らかに!~

本日10月4日のお昼頃、東京駅すぐ近くにスバル新型「レヴォーグ(Subaru Levorg)」と思われる開発車両が目撃されています(画像を提供いただけたJ様には心より感謝申し上げます!)。
今回目撃されているモデルは、10月23日より開催される東京モーターショー2019にて公開される新型「レヴォーグ」と同じモデルだと思われます。

前回リヤデザインのみの開発車両が目撃されていたため、フロントフェイスはどういったデザインになるのか?非常に気になっていたところでしたが、かなり早いタイミングにて明らかにされていますね(しかも前回同様に後続にはボルボもしっかりと付いている)。

▽▼▽三度目となる新型「レヴォーグ」の開発車両はコチラ!▽▼▽

スポンサーリンク

~早速新型「レヴォーグ」のフロントフェイスを見ていこう~

それでは早速、スバル新型「レヴォーグ」のフロントフェイスを見ていきましょう。
前回目撃された開発車両同様、ボディ全体には分厚いカモフラージュが施されているため細かいデザインを確認することはできないものの、フロントボンネットには従来通りのダクトが設けられ、フロントヘッドライトのハウジングは立体感がさらに強調されていますね。

単眼のフロントLEDヘッドライトも装着されていますが、LEDデイタイムランニングライトは従来通りのコの字型になると思われます。
その他、フロントグリルフレームは特に大きな変更は無いと予想されるも、フロントエンブレムに沿った水平基調の太いバー(メッキ調?)が装備されていますね。

コチラはフロントサイドプロファイルから見る新型「レヴォーグ」。
足もとのホイールは、テストカー用にブラックペイント処理されたマルチスポークタイプのアルミホイールが装着され、そこそこローダウンされています(あくまでテスト走行用)。
ボディのスタイリングやサイドウィンドウ形状については、現行「レヴォーグ」同様に大幅な変更は無いと考えられます。

なお、自動車情報誌ベストカーも新型「レヴォーグ」については注目しており、アイサイトツーリングアシストの次世代版を搭載すると断言。
加えてパワートレインについても、排気量1.6Lターボ/2.0Lターボの2種類から、排気量1.8Lターボの1種類のみをラインナップしていく予定であるとも説明しています。

☆★☆スバル関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう