フルモデルチェンジ版・BMW新型「2シリーズ・グランクーペ」がデビュー前日にティーザー画像を公開!やはりキドニーグリルは拡大、リヤテールもスタイリッシュで高級感もアップ

~新型「2シリーズ」はBMWとしても失敗したくない主要モデル~

11月22日より開催されるロサンゼルスオートショー2019に先立ち、いよいよ明日10月16日に世界初公開されるフルモデルチェンジ版・BMW新型「2シリーズ・グランクーペ(BMW 2 Series Gran Coupe)」ですが、発表日前日にティーザー画像がリリースされています。

メルセデスベンツ新型「CLAクラス」を競合としている今回の新型「2シリーズ・グランクーペ」ですが、以前発表されたばかりとなる中国専売モデルの新型「1シリーズ・セダン」とは異なり、アメリカ市場を含むあらゆるところにて販売することが決定した大注目の一台となっています。

詳細仕様などはもうすぐ明らかとなりますが、新型「1シリーズ」同様に前輪駆動(FF)へと変更されたUKLプラットフォームを採用し、顕著ともいえるドライビングプレジャーを提供するとBMWは説明しています。

またティーザー画像を見てもお分かりの通り、フロントエンドのキドニーグリルは拡大化され、フロントヘッドライトはよりアグレッシブで細目に変化していますね。

スポンサーリンク

~グランクーペらしい美しいボディラインはもちろん、リヤテールは逆L字で個性を発揮~

リヤに寄り気味のサイドのスタイリングはこんな感じ。
グランクーペらしい流麗系を描くラインに加え、トランクスポイラーや美しいブルーとの組み合わせも抜群。

リヤエンドの一部はこんな感じ。
近年のBMWにて積極的に採用されているL字型のテールランプではなく逆L字を採用していますね。
個人的にはこちらの方が個性的でBMWと思いやすいデザインだと思います(L字型だとレクサスとカブってしまうので…)。

気になるバリエーションについては、「228i/M235i」がラインアップされると予想され、パワートレインも排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、「228i」であれば最高出力231ps/最大トルク349Nmを発揮、「M235i」であれば高出力306ps/最大トルク450Nmを発揮することが期待されています。

☆★☆「2シリーズ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう