フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」唯一のクロスオーバーモデル。SUVテイスト・CROSSTAR(クロスター)の質感はどうだ?【動画有】

2019-11-01

~かなり注目度の高いCROSSTAR(クロスター)の質感を見ていこう~

さて、10月23日より開催中の東京モーターショー2019にて、ホンダのフルモデルチェンジ版・新型「フィット4(Honda FIT4)」が世界初公開されましたが、その見た目のキュートさや質感の高さは非常に評価が高く、既に複数のカーメディアも絶賛しているほど。

前回、ラグジュアリー志向且つ最上位グレードとなるLUXE(リュクス)の質感並びに内外装インプレッションを行いましたが、今回は唯一のSUVテイストグレードとなるCROSSTAR(クロスター)をインプレッションしていきたいと思います。

▽▼▽その他のグレードのインプレッション記事はコチラ!▽▼▽

そして今回も、CROSSTARの質感をチェックさせていただくのは自動車レビュー系をメインとするroom My hobbyさん。
多種多様な新型車の外観をレビューしており、気になるポイントを細かく見ているので非常に勉強になるものばかりですね。
常にホットな新型車を大々的に取り上げているので、「この新型車を見てみたい!」という方にはオススメの動画だと思います。

スポンサーリンク

~CROSSTARの外観を見ていこう~

早速CROSSTARの外観をチェックしていきましょう。
ハッチバック(MPV)タイプと大きく異なる点としては、フロントグリルが設けられていることと、フロントフォグ部分がプラスチックにまとめられたダミーインテーク、そしてSUVらしさを加味したプロテクタパーツですね。

こちらがCROSSTAR以外のグレードにて採用されるフロントバンパー。
親しみを強調させるグリルレスバンパーはもちろんですが、ランボルギーニ「アヴェンタドールS」風のインテーク周りもかなり特徴的ですね。

こちらはサイドから見たスタイリング。
SUVテイストを強調するプラスチックのフェンダーモールやサイドスカート、そしてボディカラーとは異なるシルバーカラーのルーフレールが装備されていますね。
ちなみにルーフレールはCROSSTAR専用装備となりますが、これについてはメーカオプション扱いとなるのか標準装備なのかは不明。

そしてAピラーやBピラーはピアノブラック調に仕上げられていますが、これは全グレード標準のようです。

足もとには16インチアルミホイールを装着。
マットブラック?とシルバーの2トーン仕上げも中々に美しく、スポークデザインも花びらのようにデザインされているのもグッドですね(しかもリヤはFF/4WD共通でディスクブレーキで更に品質アップ!)。

ちなみに最低地上高はハッチバックタイプよりも30mmアップするようですね。

こちらはリヤプロファイル。
リヤテールランプ等は特に変更は無いものの、リヤロアバンパーはCROSSTAR専用のプロテクターパーツを装着していますね(しかもブラックではなくグレーに近い感じで柔らかい印象を受ける)。

そしてこちらが真後ろから見たスタイリング。
台形を描くようなボリューム感のあるボディで、上からブラック(ルーフ)&ウィンドウブルーメタリック(ボディ)&ライトグレー(ロアバンパー)の3段階のメリハリも上手くバランスがとれていると思います。

ちなみに今回出展されていた個体はハイブリッドモデルのみで、パワートレインは排気量1.5L 直列4気筒i-VTECエンジン+デュアルモータを組合わせたe:HEVを採用しています。

~インテリアもチェックしていこう~

続いてはインテリアを見ていきましょう。
まずは内ドアエリアですが、CROSSTARのシートでは専用の撥水ファブリックを採用しているとのことで、内ドアトリムにも同様の素材を採用し、パワーウィンドウスイッチやサイドミラースイッチ周りにはプレーンのプラスチックを装着していますね(これだけでも十分すぎる品質)。

シートは先述の通り撥水ファブリックを採用し、シートカラーはライトグレー(クリームホワイト?)と紺色を組合わせたバイカラー仕様。中々にオシャレですが、シートの汚れを気にする方はちょっとオススメできないかも?

こちらは運転席周り。
この辺りは特に大きな変更はありませんが、やはり残念なのは2スポークステアリング後ろにパドルシフトが搭載されていないことですかね。

センターシフト周りはこんな感じ。
シフトブーツ付のシフトノブに加え、ホワイトのオーナメントパネル、その両サイドのトリムには撥水ファブリックを採用しています。
もちろん、その手前には全車標準装備された電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドを採用。

こちらはリヤの内ドア。
LUXE(リュクス)同様にウィンドウスイッチ周りにはメッキ?(もしくはピアノブラック?)フレームが装備され高級感を演出しています。

リヤシートはこんな感じ。
基本的な広さはハッチバックタイプと変わらないと思いますが、かなり広々に見えますね。

【ホンダ 新型 フィット CROSSTAR&NESS 実車見てきたよ☆アクティブ派にはこの2台がおススメ!これもまた良い!HONDA ALL NEW Fit(JAZZ)】

☆★☆新型「フィット4」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう