フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」のイメージレンダリング続々。ところで新型「フィット4」には”あのオプション”が存在するのか?

~過激なレンダリングが登場するほどに新型「フィット4」の期待度は高そうだ~

先日、ホンダのフルモデルチェンジ版・新型「フィット4(海外名:ジャズ)」がインド市場にて販売されないことが明らかとなり(なぜ市販化されないのかは以下の関連記事を参照)、欧州市場や日本市場をメインに販売していくとカーメディアが公開していましたが、未だ発売されていないにも関わらず、早くもデジタルアーティスト等によるイメージレンダリングが公開されています。

新型モデルをベースにレンダリングを作成したのは、NRTHガレージさんで、恐らく来年以降のカスタムカーイベントにて登場してくるであろうフルエアロキットやローダウン(もしくはエアサス?)、そして大口径アルミホイールを装着したスタンス仕様の新型「フィット4」が公開されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~新型「フィット4」にはサンルーフのオプションが登場する?~

改めてイメージレンダリングを見ていきましょう。
グレードとしては、おそらくスポーティ仕様のNESS(ネス)だとは思いますが、グリルレスバンパーにはちょっとしたダクトが設けられ、その下のスリット部分にはメッシュグリルが装着されていますね。

更にはタイプRを想起させるようなレッドのディテールアクセントやフロントスプリッターやサイドスカートを装着したエアロキット、アウトセットされた極太大口径アルミホール、サイドミラーもかなりシャープに変化していますね。

そのほか気になるポイントとしてサンルーフが装備されていますが、今回の新型モデルではそもそもサンルーフがオプション設定されるのかどうかも気になるところですね。
現時点では明確な情報がないため何とも言えませんが、ラグジュアリー志向の上位グレード”LUXE(リュクス)”ではメーカオプションとして登場してくる可能性もあるかもしれません。

~ディーラオプションで登場しそうな”わりかし現実的”なレンダリングも~

こちらもこれまたゴリゴリなカスタム仕様となる新型「フィット4」。
足もとのレッドのアクセントが入ったブラックペイントのアルミホイールや、レッドのブレンボっぽい?ブレーキキャリパが印象的で、RSグレードを想起させるサンセットオレンジ風ペイントに仕上げてくるところもグッド。

なお、フロントエンドのグリルレスバンパーにはブラックのアクセントが追加されていますが、この辺りはディーラオプションにて外付けグリルレスバンパーなどが登場してくる可能性もが高そうですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Wide body kit atau rally inspired? Art by @j.f_works & @auto95design 🔥 . #HondaFIT #HondaJAZZ #honda #HondaJazzGallery

HONDAJAZZGALLERY(@hondajazzgallery)がシェアした投稿 –

☆★☆ホンダ新型「フィット4」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう