フルモデルチェンジ版・スズキ新型「ハスラー」の発売が遅れるかも…遅れる理由は?どの程度遅れて販売するのか?

~ホンダ含め、スズキも主要モデルの発売が遅れるかもしれない…~

さて、2020年1月より発売予定となっていたスズキのフルモデルチェンジ版・新型「ハスラー(Suzuki Hustler)」ですが、このモデルの発売が若干遅れるかもしれないとのこと。

まだ厳密に確定したわけではないのですが、スズキディーラの担当セールスさんより教えて頂いた情報によると、2019年12月初め時点ではグレード別の装備内容や価格帯については2019年12月24日に発表予定(初代モデルも12月24日に発表していたため)で、その約1か月後となる2020年1月末頃に発売予定というスケジュールでしたが、発売時期だけがズレ込む恐れがあるとのこと。

スポンサーリンク

~その理由は無資格検査員の問題が主だった~

っというのも、2019年4月頃に発生した無資格検査員による出荷前車検にて不正が発覚したため、「ワゴンR/ハスラー/アルト/アルト・ラパン/MRワゴン/スペーシア/キャリイ/エブリイ/ジムニー/ソリオ/クロスビー/イグニス/スイフト/バレーノ/SX4/エスクード/キザシ」の約177万台を対象にリコールが発令されたために、その検査がまだ完了していないとのことから、新型「ハスラー」出荷前車検を捌くキャパが十分に備わっていないとのことです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

現時点で、スズキの主要モデルにおいても一部納期遅れが生じているとの情報も入っているので、そう考えると新型「ハスラー」の販売が遅れるのも致し方ない部分はありますね。

もちろん先述にもある通り、まだ確定した情報ではないため、もしかしたらスケジュール通り発売されるかもしれませんが、優先順位を考えると既に納車されている個体のリコール作業を実施することはもちろんのことなので、この辺りは12月24日に入ってくるであろう情報を心待ちにしていた方が良さそうです。

☆★☆関連記事4選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう