フルモデルチェンジ版・フォルクスワーゲン新型「ゴルフ8 R」の開発車両がまたまた登場!かなりスポーティな2トーンカラーを採用、フロント・リヤウィンカーはこうやって点滅している

~前回目撃された開発車両とはちょっと異なる仕様で登場~

以前、フォルクスワーゲンのフルモデルチェンジ版・新型「ゴルフ8(Volkswagen Golf 8)」をベースにしたハードコアモデル「ゴルフ8 R」の開発車両が目撃されていましたが、この度またまた同車の開発車両が登場。
今回目撃されているのは、前回とはちょっと異なる仕様の開発車両だと思われ、カモフラージュは一切施されておらず非常にアグレッシブなフロントフェイスに加え、特に個性的なインテーク形状はランボルギーニ「アヴェンタドールS(Lamborghini Aventador S)」を想起させるものがあります。

ちなみにフロントウィンカーは、フロントヘッドライト上部にあるLEDデイタイムランニングライトがターンシグナルするような形で点滅(もしくは流れるタイプのシーケンシャル?)していることが確認でき、フロントエンドグリル上に設けられた水平基調のクロームメッキに沿うような形で点滅するところも非常に美しいですね。

スポンサーリンク

~かなりスポーティな2トーンカラーを採用~

少し角度を変えてみましょう。
ボディカラーはホワイト系で、トップルーフはブラックの2トーン仕様。
Aピラー周りはホワイトのままで非常にシンプルに仕上げられています(サイドミラーキャップがブラックではなくホワイトというのは意外)。

足元のアルミホイールはシングル5スポークタイプでスリットが入ったスポーティ且つダイナミック仕様。
おそらく18インチ~19インチ程ではないかと考えますが、それに合わせてフロント・リヤのブレーキディスクもかなり大きめ(特にフロントは大径サイズ感は半端ない)。

ブレーキキャリパはブルーを採用していますが、これは結構珍しいですね。
標準にて設定されるカラーなのか、それともオプションにてキャリパーカラーを設定できるのかも気になるところ。

リヤデザインはこんな感じ。
右リヤウィンカーが点滅していますね。おそらくは流れるタイプのシーケンシャルウィンカーだと思いますが、かなり細いシームレスタイプでスタイリッシュ。
リヤテールランプはC字形状でスバルっぽさもありますが、立体感とスポーティ感は上手く演出されていると思います。

ちなみにリヤディフューザーは非常に大きく、マフラーも大口径タイプの両サイド2本出しとなるクワッドエキゾーストシステムを採用。

パワートレインについては、以前のリーク画像より排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力333psを発揮することが明らかになっています。
トランスミッションは、DSGデュアルクラッチオートマチックトランスミッションと4Motion AWDシステムが標準装備されるとのこと。

なおこのモデルは、7月のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにてデビューする予定となっています。

☆★☆「ゴルフ8」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう