【月額 約40万円!】トヨタや日産に続いてメルセデスベンツAMGもサブスクリプション・サービスをスタート!何と世界限定275台のみ販売された「AMG ONE」もサブスクの対象に?!

~約40万円でAMGの全ラインナップに乗れるのは果たして得なの?~

トヨタのKINTOサービスを始め、日産のNissan Switchといった月額利用サービスのサブスクリプションを展開するなか、メルセデスベンツのハイパフォーマンスブランドとなるAMGでも同サービスをスタートすることが明らかとなりました。

メルセデスAMGが展開するサブスクリプションサービスでは、月額 約40万円とかなり高額ではありますが、AMGがラインナップする全ての車両(セダン/クーペ/SUV/ロードスター等)を利用することが可能とのこと(もちろん「GTシリーズ」も!)。

スポンサーリンク

~サブスクリプションサービスを利用することでAMGだけでなく車の魅力味わうことができる~

メルセデスベンツのサブスクリプションサービス・ディレクターのCraig Walters氏によれば、「メルセデスAMGを体感する機会が少なくなっているなかで、こうしたサブスクリプションサービスを利用することにより、大きな体験と需要を満たすことが可能になる」と語り、更には短期的・長期的に関係なく、顧客が赤字になることなくAMGモデルを楽しむことができると自信を示しています。

もちろん、先ほど月額40万円というプランはAMGが設定する最上級Exclusiveプランと呼ばれるもので、エントリーグレードのSignature、中間グレードのReserve、上位グレードのPremiereがあり、月額 約12万円~約33万円での価格設定となっています(各グレードによって選択できる車両が異なる)。

なお、全てのグレードに関して、24時間年中無休のロードサービスや車両メンテナンス、走行距離無制限、各グレードにて設定される車両の交換も全て月額に含まれているため、いつでも自分の好きなタイミングでAMG車両に乗り換えることができるのも大きな魅力のポイントです。

~あのPHVハイパーカーもサブスクの対象に?!~

そして海外自動車サイトMotor1.comの情報によれば、最上位グレードExclusiveを契約している方を対象に、世界限定275台のみとなるハイパーカー「AMG One」も対象になっているとのことですが、(詳細は明かになっていませんが…)これはさすがに抽選やら審査やらが入ると思われますね。

ちなみに「AMG One」の気になるパワートレインは、F1技術を採用した排気量1.6L V型6気筒ターボチャージャーエンジン+電気モーターのプラグインハイブリッド(PHV)を採用し、システム総出力は1,000ps超えとなっています。

オールEVだけでの走行であれば、フル充電の状態から約25km走行可能で(ガソリンの走行距離分はもちろん別)、これだけのハイパワーな出力を得ながらも20km超えのシステムを搭載するのは、かなりの技術であると称賛されています。
直線性のパフォーマンスとしては、0-200km/hの加速時間が6秒以下で、最高時速は350km/h以上となっていますが、この辺りについては正式な市販モデルが登場した際に多少の変更があるかもしれません。

☆★☆AMG関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう