トヨタ新型「アルファード/ヴェルファイア」に早くも特別仕様車”タイプゴールド/ゴールデンアイズ”が登場!S&Zグレードがベースながらも三眼LEDが標準装備、発表は4月20日で決定!

~まさかこんなに早く特別仕様車が登場するとは…~

先日、いつもお世話になっているトヨタ・ディーラーに訪問したところ、どうやら2019年12月に一部改良したばかりのトヨタ新型「アルファード(Toyota ALPHARD)/ヴェルファイア(VELLFIRE)」の特別仕様車が登場することが明らかになりました。

既にディーラーでは詳細となる情報が明らかになっているのですが、今回はあまり時間も無かったので少ししか聞くことができませんでした。
ですが、とりあえず明確になっていることとしては「アルファード」がSグレードベースとなっており、特別仕様車の名称が”タイプ・ゴールド”で、「ヴェルファイア」がZグレードベースとなっており、特別仕様車の名称が”ゴールデン・アイズ”となっています。

スポンサーリンク

~発表は4月20日決定、価格帯は3月中旬~下旬予定~

そして特別仕様車の価格帯と見積もり開始時期については、3月中旬~下旬に明らかになるとのことなので、これについては情報が明確になり次第当ブログにて公開していきたいと思います。
そして気になる発表時期については4月20日にて決定しており、生産開始時期は5月1日になっているとのことから、おそらく発売は5月末になると思われます。

~何と三眼LEDヘッドライトとシーケンシャルウィンカーが標準装備に~

この他の詳細となる特別装備内容としては、「アルファード」がSグレード、「ヴェルファイア」がZグレードをベースとしながらも、何とオプション装備となる三眼LEDフロントヘッドライトと流れるタイプのシーケンシャルウィンカーが標準装備となっているのは非常に大きなポイントだと思います。

その他にも、両モデル専用のウルトラスエード&合成皮革のコンビシートが採用され、上質且つ豪華な内装を演出しているとのこと。
もちろん、特別仕様車らしい専用の黒木目調となるオーナメントパネルがステアリングホイールやコンソールボックスにも設定され、後席用パワースライドドアや電動リヤテールゲートドア、ナノイーエアコンといった装備も全て標準装備になっているので、非常に商品力の高いモデルに仕上がっているのではないかと思いますね(あとはスマートキーがゴールド仕様になるという衝撃)。

なお、こうした特別装備は過去にも登場したことがありましたが、あくまでガソリンモデル限定だったものの、今回の特別仕様車はハイブリッドS/ハイブリッドZでも設定されているとのことなので、更に需要を高めてくるのではないかと思います。
先述にもある通り、特別仕様車の価格帯は3月中旬~下旬に明らかになるので、詳細が判明しましたら当ブログにて公開していきたいと思います。

☆★☆「アルファード/ヴェルファイア」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう