何コレ凄すぎる…とある有名社長との共同開発によって誕生したVLF「フォース1(Force 1)」が中古車市場にて販売中。とんでもない顔つきと、とんでもない大排気量エンジンを搭載

~何やらとんでもないモデルが中古車市場に登場!~

海外の中古車販売サイト・Canepaにて、2018年に製造された強烈なフロントフェイスを持つスーパースポーツモデル・VLFオートモーティブ「フォース1 V10クーペ(VLF Force 1 V10 Coupe)」が販売されています。

今回販売されている個体は、あのハイスペックな電気自動車を製造するフィスカー・オートモーティブCEOのヘンリック・フィスカー氏との共同開発によって誕生し、更には新規開発には費用や時間が非常にかかるため、ダッジ「バイパー(Dodge Viper)」をベースとしたプラットフォームや大排気量エンジンを流用した一台となっています。

スポンサーリンク

~ベースは「バイパー」ながらも、VLF独自の特別なチューニングや改良が施されたパワフルな一台~

そして「バイパー」から大幅に改良されているポイントとしては、VLF独自のカーボンファイバ静ボディワークを採用することで、車体重量は1,542kgを実現。

更に車内には、アルカンターラやキルティングレザー、カーボンファイバオーナメントパネル、改良型ステアリングホイールなどを採用していることにより、質感の大幅な向上と軽量化にも貢献しているようです。

気になるパワートレインですが、先述の通り「バイパー」をベースにしているため、ブガッティ「シロン(Bugatti Chiron)」よりも強烈な排気量8.4L V型10気筒自然吸気エンジンを搭載し、更に修正されたシリンダーヘッドや最新のカムシャフトを採用したことで最高出力755ps/最大トルク865Nmを発揮しています。

トランスミッションは6速MTを搭載し、0-100km/hの加速時間は僅か3秒(ゼロヨン加速は10.97秒で、220.29km/h!)、最高時速は351km/hにまで到達するとのことですが、そもそもまっすぐ走ることができるのか?というのも気になるところですね。

なお、このモデルは世界限定50台のみ製造される予定でしたが、あまりにも複雑な構造や製造コストと時間がかかるとの理由から、僅か5台しか製造されていません。
中古車価格は明らかになっていないものの、そこまで大きなプレミアはついていないとのことで、さすがに億越えになることは無いそうです。

☆★☆「バイパー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Canepa

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう