ちょっとペース早すぎ?2017年に試乗すべき車を再度ピックアップしてみる。

先日、2017年に試乗しておきたい車をいくつかピックアップしてきましたが
思いのほかハイペースで試乗していることに気づき、他にも検討している試乗車を
更にピックアップしていきたいと思います。
現在、メインで使用しているレクサス「CT200h F SPORT」の次期車または増車も検討しつつ、
とりあえずは試乗予定のものや決定したもの、仮決定のものを以下にピックアップ。

スポンサーリンク

・レクサス「LC500」(予定)
レクサスのフラッグシップクーペで、今年3月にデビューするスポーツカー。
ラインナップとしては100%ガソリンエンジンの「LC500」とハイブリッドモデルの「LC500h」がありますが
ここはやはりガソリンエンジンの特性を確認する為に「LC500」を検討。
パワートレインは排気量5.0L V型8気筒自然吸気エンジン搭載。
一応4シータとのことですが、後席はほぼエマージェンシーシートですね。
デザインがぶっちぎりでカッコイイということも、現物は未だ確認できておりませんが
間違いなくヴィジュアル面に関してはレクサスの中でも群を抜いているかと。

・フェラーリ「488GTB」/「488スパイダー」(決定)
ひょうんなきっかけで試乗ができることとなったフェラーリ「488GTB」と「488スパイダー」。
「458イタリア」からダウンサイジングされた排気量3.9L V型8気筒ツインスクロールターボチャージャーを搭載した
「カリフォルニアT」に続くターボ車ですね。
やはり一番気になるのはそのハンドリング性能で、高速域での操作性がどの程度のものなのかが気になるところ。
また、走りの楽しさ、ターボ化されたことによる魅力は何なのかも確認していきたいところですね。
ただし、「488スパイダー」については天候の影響により試乗できない恐れも。

・マクラーレン「650S」(仮決定)
マクラーレンのスーパーシリーズの中でも上位モデルに位置する「650S」。
「MP4-12C」のアップグレード版でもありますね。
以前、トラベル重視で追求された「570GT」に試乗しましたが、その乗り心地たるや非常にマイルドで”乗用車を
運転している感覚”になってしまったわけで、今回はグレードをさらに上げて突き上げ感のハンパない「650S」に試乗したいところですね。
パワートレインは、排気量3.8L V型8気筒ツインターボエンジン搭載の最高出力650ps。

・マツダ「CX-3」(予定)
コンパクトクロスオーバーSUVのマツダ「CX-3」。
次期車には、コンパクトSUVが濃厚ではないかとも思っていますが、
トヨタ「CH-R」並にコンパクト化されたクーペのようなSUVですね。
実は未だマツダの車には乗ったことが無く、ましてやディーゼルエンジンを体験したことがないため、完全に未知の領域ですね。
「非常に高級感が増したマツダ車」というだけあって、実は一番期待値の高い車種といっても良いと思います。

・アウディ「TT・クーペ」(予定)
実は前々から気になっていたアウディ「TT・クーペ」。
とにかく走りにおいての評価やハンドリン性能の評価も高いことから、日常に刺激を求めるには持ってこいの一台かもしれません。
アウディのラインナップに徐々に浸透してきている流れるウィンカー(シーケンシャルウィンカー)もお気に入り。
試乗検討しているのは「TT・クーペ 2.0TFSI quattro」。
パワートレインは、排気量2.0L 直列4気筒DOHCエンジン・インタークーラー付ターボチャージャーを搭載し、
最高出力230ps、最大トルク370Nmを発揮。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう