せっかくの名車が…日産スカイラインGT-RやフェアレディZたちが大黒PAのバス専用駐車エリアに集団駐車。なぜ一般車両用に駐車しないのか?

残念ながら名車とてドライバーを選ぶことはできない

休日になると数多くのスーパーカー/ハイパーカー、スポーツカー、改造車、クラシックカーなど、様々な車種が集まる首都高速道路・大黒ふ頭PAにて、バス専用駐車エリアに日産スカイラインGT-Rたちが集団で駐車するシーンが公開され問題となっています。

バス専用駐車エリアは、一般車両に比べて車体サイズや乗員数が全く異なる上、長距離移動の関係でドライバーや乗員が休憩しやすいように設けられています。

そのため、NEXCO西日本の公式ホームページでも、【「バス優先」または「バス専用」マスには、バス以外のお客さまは駐車を控えていただきますようお願いいたします。】と記載されているんですね。

しかしながら、こういったバス専用駐車や障がい者駐車エリアに関係なく、上の様にツーリンググループ?がまとめて駐車することも少なからず発生していて、バス会社に迷惑をかけるだけでなく、「あのエリアに停めても良いんだ…」とモラルの低下にもつながってしまうわけですね(これが悪化して、夜間にネオン族等が集団駐車するなどでパーキングエリアが強制閉鎖されることも少なくない)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

なぜ一般車専用マスではなく、バス専用マスに停めてしますのか?考えられる理由は以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう