スズキがトヨタ新型カローラ・ツーリングのOEMモデルとなる新型スウェイス(Swace)を発表!1.8Lハイブリッドのみ、欧州市場限定にて2020年冬に販売へ

改めて新型スウェイスのエクステリアデザインを見ていこう

早速新型スウェイスのフロントマスクを見ていきましょう。

まだアクロスはスズキのオリジナリティがあったので良かったものの、今回のスウェイスに関しては、トヨタバッジをそのままスズキバッジに張り替えてしまったようなものなので、さすがに欧州市場でも賛否両論があるのではないかと思われます(厳密にはフロントバンパーは異なるものの、ヘッドライトはそのまま)。

なぜスズキはステーションワゴンのOEMモデルを発表したのか?

そして今回、ナゼSUVモデルではなくステーションワゴンボディのカローラ・ツーリングをベースにしたOEMを発表したのか?についてですが、これについては全くもって不明。

(おそらくではありますが…)これまでスズキのラインナップモデルにてステーションワゴンモデルを盛り込んでこなかったからなのでは?との情報もあり、そういった意味ではスズキのラインナップの選択肢を増やす意味も込められていたのかもしれません。

リヤデザインはこんな感じ。

リヤテールランプはカローラ・ツーリングとほぼ同じで、唯一異なるのはエンブレムやネームバッジぐらいでしょうか(エンブレムも張り替え感が凄い伝わってくる)。


インテリアはトヨタそのままだが…?

インテリアも非常にシンプル…っというかトヨタそのまま。

ステアリング中央のホーンに貼付されたバッジが”Suzuki”になったぐらいですね。

ちなみに新型スウェイスでは、電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドが標準装備となっているので、この点は高く評価すべきポイントではないかと思います。

外付け感満載のディスプレイオーディオももちろん標準装備。

ナビゲーション機能は設けられておらず、スマホのマップアプリと連携しない限り使い勝手はかなり悪いです。

シートレイアウトは5人乗りとなりますが、インテリアカラーは特にラインナップされておらずブラックのみとの情報も。

リヤトランクもステーションワゴンらしくかなり充実していますね。

気になるパワートレインですが、排気量1.8L 直列4気筒エンジン+電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムのみをラインナップし、システム総出力122psを発揮します。

発売時期としては、2020年冬頃より欧州市場のみにて販売され、先にイギリス市場から展開される予定となっています。

☆★☆スズキ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう