ビッグマイナーチェンジ版・レクサス新型ISが米ディーラーにて続々展示中!なお国内では11月初め頃にはディーラーにて展示予定

なんだかんだで発売まであと1か月ちょっと、但し納期はまだまだ不明なまま

2020年11月5日に発表・発売予定となっているレクサスのビッグマイナーチェンジ版・新型IS。

既に私も購入して納車待ちの状態ですが、アメリカのレクサスディーラーでは続々とデモカーが展示されているようで、バージニア州のディーラーではF SPORTをベースにした特別仕様車(日本ではMode Black)が展示されているそうです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

グレードはIS350 F SPORTで、ボディカラーはホワイトノーヴァガラスフレーク、足もとには19インチBBS製鍛造アルミホイール(マットブラック塗装)、そして内装はフレアレッドの本革シートが設定されていますが、こうしてみるとホワイトノーヴァの個体もボリューム感があって非常にクール。

L字型のLEDデイタイムランニングライトが下部から上部へと移行したことで「UXのセダン版」と揶揄されていますが、個人的にはUXとは上手く差別化した唯一無二のスポーツセダンだと考えていて、新型ISはES/RC/LS/LCといったセダン・クーペには無い独自且つかなり攻め込んだカッコよさがあると考えています。

そして今日本市場では、受注一旦ストップになるほど人気となっているMode Black専用のBBS製19インチ鍛造アルミホイールも装着していますが、これだけ思いきった色合いで光沢のないマットブラックに仕上げられているので、メーカーオプション扱いとなっているオレンジのブレーキキャリパに塗装することで、メリハリと立体感が与えられるのではないかと思います。

ホワイトノーヴァガラスフレークの新型IS350 F SPORTのリヤデザインと、国内レクサスディーラーでの展示スケジュールは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう